これはなにをする道具ですか!?

これはなにをする道具ですか!? 亡くなったひいおばあちゃんの部屋から出てきたものです。 カニの部分が蓋になっていてパカパカ開きます。

画像

ベストアンサー

1

多分矢立(やたて)だと思います。 昔の携帯用の筆記用具です。 軸の方に筆を入れ、手前のかにの開いたところに墨を入れます。 墨は乾いてしまっているでしょうが、軸の所に細い筆が入ってませんか。

1人がナイス!しています

この返信は削除されました

その他の回答(2件)

0

ID非公開

2020/9/3 12:46

「火のし」です。 昔のアイロンです。 ふたを開けて中に火のついた炭を入れて柄(え)をもって使いました。底(そこ)の部分は布のしわをのばしやすいように平らでつるつるとしているはずです。 また、火のしの重さでしわをのばすので見た目よりはとても重たく作られています。

サイズ感がわからない写真ですいません。 蓋の直径は3センチほどしかなく火のしではないようでした‥ 他回答者様の矢立という物が一番近い造形でした。 ご回答ありがとうございます。

0

蓋の下は中に何か入る様になっていますか? また、その部分は金属ですか? 『ひのし』だと思いますが…。 炭を入れて使う昔のアイロン。 布のシワを伸ばすのももちろんですが、逆に折り目をハッキリと付ける為の物。

蓋の中は黒いすすがついてました。 はい、金属でできていました! 回答をもとに調べてみたところ矢立という江戸時代から明治に使われていた筆記用具みたいでした! 造形は確かに火のしと似ていますね。 ご回答ありがとうございます。