ID非公開

2020/9/5 13:58

33回答

飛行機の主翼に取り付けられたボルテックスジェネレーターについての質問です

飛行機の主翼に取り付けられたボルテックスジェネレーターについての質問です あえて境界層を乱流に遷移させて剥離を遅らせることで、迎え角が大きくなっても失速しにくくなるというのは知っているのですが、巡航中の飛行機だとボルテックスジェネレーターはただ乱流境界層によって摩擦抵抗が増えるだけなんですか?それとも、剥離が遅れる事により増えた摩擦抵抗以上の圧力抵抗が減るような事はありますか? 具体的な論文などのソースがもしあれば、それも教えていただきたいです。 コードが短く、速度も遅い低Re数機であれば、増える摩擦抵抗より減る圧力抵抗の方が大きいなんてこともあるのかなーとも思ったのですが、こちらはどうでしょうか?

飛行機、空港 | 工学30閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

ID非公開

質問者

2020/9/5 16:43

すいません まだタイトルにしか目を通してないのですが、これはウィングレットの設計について書かれている論文らしいのですね。これにボルテックスジェネレーターについて何か書いてあるところはあるのでしょうか? いかんせん英語が苦手で全て読むのはかなり時間がかかるので、ボルテックスジェネレーターについて書いてあるところがあればそこを教えていただきたくおもいます。

その他の回答(2件)

0

バランスの問題では無いのかな? Vortex Generatorがあれば有利なら導入し、 逆に空気抵抗が増えて性能が落ちるのなら導入を見送るのでは? 剥離と摩擦、、、どちらがプラスが多いか?は その機体の運行状態で変わるでしょ? Generatorの有無、、、両方ともご指摘の利点と欠点がある。 その飛行機の運行状態を考えて、 プラスが上回る方を選択してるのではないかな? だから、どちらが良いか?なんて論文等のソースが無いのでは? (全ての機体にプラスなら、全ての機体や場所に採用されてるはずだけど、実際は有ったとしてもバラバラ。存在がマイナスな効果になる場合もあるって事では)

0

ボルテックスジェネレイターによって発生させた渦は、翼表面で自然に 発生した渦よりも気流が整っているとの事です。 その為に乱流によって発生する空気抵抗の発生を少なくする効果が 有ると説明されています。 取り付ける場所やその形状によって抵抗軽減の効果はかなり違うようです。 具体的な論文に関しては見つかりませんでした。 車に関する話が多い様です。

ID非公開

質問者

2020/9/5 14:55

主翼設計において最適な形状、位置を知りたい場合はシミュレーターや風洞実験を行うことでしか知ることができないのですか?