ツイステ二次創作の同人について。 Twitterやpixivなどでよくツイステの二次創作を楽しませてもらっているものです。私自身、ツイステの二次創作小説を二次創作作品で多数pixivに投稿してお

ツイステ二次創作の同人について。 Twitterやpixivなどでよくツイステの二次創作を楽しませてもらっているものです。私自身、ツイステの二次創作小説を二次創作作品で多数pixivに投稿してお ります。 ですが、同人誌などを購入・販売したことはなく、そこら辺の知識は疎いです。 なので、同人やら営利やらでTwitterで色々な主張が見られるのが理解できていません。 NGとされる「営利目的」はどれくらいの範囲なのでしょうか?今まで金銭のやり取りで少しでも利益があれば、という勝手な認識があったのですが、そこの線引きが分からないです。 なぜ論争があるのか詳しく教えていただければ幸いです。

同人誌、コミケ | Twitter192閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

1.1円でも対価を得たら営利目的だと思ってる人がいる 一般的な非営利組織でも対価は得ていますし給与も支払われています。世間一般における「非営利」とは、対価を得ないという意味では使われていません。 言葉の字面をとらえた誤解です。 2.ツイステの二次創作同人の記載 同人グッズは「対価を得ないで」と明記してあるのに対し、同人誌には「一般的な非営利の同人活動の範疇で」と、上記とは明らかに表現を変えて書いてあります。つまり、ツイステのガイドラインの記載を読む限りにおいても、非営利とは対価を得ないという意味では使われていません。 3.今まで「ディズニーで同人活動したらヤバい」と言われていた都市伝説が根強く残っているのもあるかもしれない 以上の3点が論争に関係あるんじゃないかなと思っています。 同じ文章を読んでも、読解出来る人と出来ない人が居ますので、一般的な非営利の意味を調べないまま、ツイステのガイドラインを見て盲目的に「非営利って書いてある!対価を得ちゃ駄目なんだよ!」って発信してしまう人が多いんじゃないかなと思っています。 で、公式がハッキリと線引きをすることも今後ないでしょうから、同人における営利と非営利の境目というのは曖昧なままです。 公式によっては、「同人誌(冊子の頒布)はいいけどデータ販売はだめだよ」とか注釈がついているところもあります。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆様わかりやすい説明ありがとうございました。 どれもわかりやすい説明でしたが当方同人に関しては素人で全然知らないため、そこら辺も含め理解しやすかった方を選ばせていただきましたました。誠にありがとうございました!

お礼日時:9/7 19:11

その他の回答(5件)

0

>NGとされる「営利目的」はどれくらいの範囲なのでしょうか? 【権利者によります。】 ツイステは、ディズニーですから… ほんの少しでも営利(有償無償問わず)が匂うと【絶対殺すマン】になる権利者さんですw 逆を言えば、営利臭がないなら、【ファン活動には、寛大な権利者さん】でもあるけど。 >今まで金銭のやり取りで少しでも利益があれば、という勝手な認識があったのですが、そこの線引きが分からないです。 上記の様にその辺は、権利者さん次第です。>ってか、法令には、金銭の記述は一切ありませんw規制しているのは権利を侵害する行為ですから… で、ディズニーは有償無償を問いません。>過去の事案だと >なぜ論争があるのか詳しく教えていただければ幸いです。 最近類似質問が多いので、検索すると良いかと また他の方もリンクを張っているけど https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11231080061 つい先日、自分も回答しているので参考にしてみてください。>他の質問にも回答しているけど多いので検索してみてください。

0

こちらの質問にも回答しているので、こちらを読んでいただいて… https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11231080061 ざっくりいうと「営利目的で利用しないで」というのは、他の企業がツイステのコンテンツを使って商売しないでね、という意味合いが強いです。 そのため、個人での活動でしたら多額の利益が出ない限りほぼ問題ないんです、が、管理者側はあえて線引きを明確にしません。 明確にしてしまうと「AさんはOKだけどBさんはダメ」というふうに、管理者判断で排除できなくなるからです。 >なぜ論争があるのか これについては二次創作のガイドラインがグッズと同人誌で違うこと、ディズニー作品であること、というのが大きいと思います。 ツイステは二次創作グッズのガイドラインでは対価を得ることを禁止しています。 これは公式で似たようなグッズが出る可能性があり、そうなったときに対価を得て販売している人がいると海賊版販売したとして捕まる可能性があって危険だからです。 それに対して二次創作の同人誌については良識の範囲内でならOKとなっていますが、この違いが理解できず「二次創作で対価を得るのはダメ」と解釈している人が一定数いるようです。 ディズニーが二次創作に厳しいという言い伝えみたいなものも作用していると思います。

0

ガイドラインをよく読んでください。 二次創作の一般的な範囲内であれば活動はできます。 その際に、同人誌の対価が発生してもそれは営利ではありません。 論争についてはガイドラインの解釈を勝手に拡大解釈しているだけです。 通常の二次創作活動であれば問題はありません。

0

>>NGとされる「営利目的」はどれくらいの範囲なのでしょうか? →権利者の判断次第です。 >>今まで金銭のやり取りで少しでも利益があれば、という勝手な認識があったのですが、そこの線引きが分からないです。 →線引きも権利者の判断次第です。 無配だろうと、赤字だろうと、権利者が許さない、禁止だと言えばアウトです。 何万、何十万と黒字だろうと、権利者が黙認しているなら第三者がとやかく言うことではないです。 >>なぜ論争があるのか詳しく教えていただければ幸いです。 →全ては権利者が決めるもので。それが明示されていない以上、誰にも範囲、線引きは分かりません。 だからこそ、それぞれが、自分の思う範囲、線引きを主張し。時にはそれを勝手に押し付けたり、論争しています。