ターミナルという映画でアメリアやビクターが言った、ナポレオンがジョセフィーヌに泉、そしてプロポーズの時に運命と彫られたロケットを贈った、というのは本当のことでしょうか?

ターミナルという映画でアメリアやビクターが言った、ナポレオンがジョセフィーヌに泉、そしてプロポーズの時に運命と彫られたロケットを贈った、というのは本当のことでしょうか?

映画 | 世界史42閲覧

ベストアンサー

0

フィクション(作り話)です。 ナポレオンは、プロポーズする前からジョゼフィーヌの関心を買うために高価な贈り物をたくさんしていましたが、プロポーズした日には特に何もやってません。当時、プロポーズのときに花とか以外になにかを贈るという習慣がありませんでした。 ちなみに、1796年は法律婚のみで、金の指輪だけ。結婚式は1804年に行われてそのときはダイヤの指輪にしました。とにかくナポレオンはたくさんの贈り物をジョゼフィーヌにしてます。ジョゼフィーヌが結婚式のときに身に着けていたダイヤ(ブローチ、ネックレス、イヤリング、ティアラなど)は現在はスウェーデン王室(ジョゼフィーヌの子孫にあたる)が所有しています。 毒を飲みすぎて吐いたのも違ってて、飲んだのはセントヘレナ島でではなく、最初の退位のときパリ郊外のフォンテーヌブロー宮殿でのことで、むしろ量が足らなかったか毒が劣化していたかで利かず、しかも毒で死ななかったことで復活を期してやる気になったということなので、ストーリーとは全然違います。

画像

ThanksImg質問者からのお礼コメント

わかりやすい解説ありがとうございました!!

お礼日時:9/16 7:33