回答受付が終了しました

ID非公開

2020/9/9 14:48

77回答

発達障害の人ってなんで人間関係悪くなるんですか?

発達障害の人ってなんで人間関係悪くなるんですか?

発達障害277閲覧

1人が共感しています

回答(7件)

6

ASDなら情緒的な相互関係・他者との交流に用いられる非言語的コミュニケーションの障害があって、相手の気持ちを非言語的に感じて発言や行動したり、相手と気持ちの交換をしたりすることが苦手な人が居て、人間関係っていうのは相互的なものですから、気持ちのやりとりが定形発達の人からの一方通行で上手く相互的な関係が作らないなら、良好な人間関係を築くのは困難でしょう。 相手がいて気持ちを分かってくれて、その相互的な気持ちの交換に安心感や信頼感が生まれますから、相手の気持ちを共感し難いというのは、人間関係においては不利な要素となると思います。 またADHDの方は相手の気持ちを非言語的に察知したり共感する能力はあるものの、不注意で人の話を聞いてない・色々と忘れることやミスが多く約束を守れなかったり遅刻する仕事で失敗ばかりしたり問題が生じる指示通り出来ない提出物を出さない…などのことから人間関係における信頼を失ったり、多動性や衝動性で相手の話を遮って話したり・言わなくていい一言をつい言ってしまうとか、感情的になりやすいなどのことからトラブルになりやすい…といったことで、変わり者や変人とされやすく、やっぱり人間関係に難が無い訳では無いと思います。

6人がナイス!しています

4

他の方々も書かれてますが、発達障害で人間関係が悪くなるのは主にASD(グレーゾーン含む)の特性になります。 私自身もそうですが、考え方や感じ方が健常者とは大きくズレがあるので、そんなつもり無くても健常者視点では不快、不満、不安に思われてしまうような言動や行動をしがちだからです。

4人がナイス!しています

6

発達障害当事者です。 発達障害の人というよりかは、ASDの特性が強ければ強いほどなかなか人間関係が難しくなってくると感じます…。また、特性が弱くてもその人の元々の個性により難しい場合もあります。

6人がナイス!しています