回答受付が終了しました

一つの現象が起る原因については、どの次元から観るかによって、多様に言えるのではないですか:

一つの現象が起る原因については、どの次元から観るかによって、多様に言えるのではないですか: 福音書の中に、イエスが、生まれつきの盲人の目に泥を塗り、何か呪文を唱えると、目が見えるようになり、喜んだ盲人は町へ行って、そのことを皆に伝えるという場面があります。 その前に、この人が盲人になったのは、悪霊に取り憑かれたからか、それとも何か過去の悪い行いの報いかというようなことをイエスに尋ねると、イエスは、神の栄光を彼の上に現わすためだというように答えます。 私が想うのには、生まれつき盲人になった理由(原因)という中には、色々な次元から捉えられる(説明ができる)原因というのがあると思います。現象として現われたもの(事柄)の原因というものは、多重的に捉えることが可能であり、そこには矛盾したものはないということではないかと、なんとなく思うのですが、どうでしょうか。

回答(5件)

0

ちょっと多重的なとらえ方の具体例上げてもらいたい 生まれつき見えないってのは 神の栄光を彼の上に現わすためだというように答えます。 ほかに何があるのかな? >悪霊に取り憑かれたからか、それとも何か過去の悪い行いの報いか この部分はイエスに尋ねた人の推測なので多重的なとらえ方じゃない ほかのとらえ方、多重というのなら少なくとも3つの捉え方の具体例をあげてもらいたい

生まれつきの盲人として生まれた理由として、 1医学的見地から診た見解(遺伝子損傷云々など)、 2霊的見地からみた見解(悪霊云々、前世の業云々) 3より本質的レベルからみた見解(神の栄光を顕わすため) この1,2,3は、それを捉える次元を異にし、どれが間違っているということはなく、みなそれぞれに当っていて、矛盾という捉え方をする必要はないとする考え方というのもあるのかもしれないと思ったのです。

0

生まれつき盲目の人が街を知る年齢まで成長して、 盲目のままでも生活し得る経験を積んだときに開眼すると、 素直に街へは行けないし、開眼したことを喜ぶことも無いと思います、 つまり、物を見た経験が無くこれが生活に結びつかない状態では、 何をどうしていいのか?わからないのです。 物質社会の住人である人間が空間を見るようになっても、 元々空間が見える人とは違うのと同じです。

0

また、「なんとなく」ですか? 多重的な原因があるなら、その全てを解き明かせばよいだけです。それで、自分の「なんとなく」の答えを相手に認めさせることは出来ません。

0

私のIDを見てください。 そういうことにかけてはプロなんです。 これまでに何百人のサクラを使ったことか。 サクラと行っても妹の方ではないですよ。 小銭で雇うサクラの方です。 世の中には一見不思議に見えても、 そこには必ずカラクリがあるんですよ。 笑