ID非公開

2020/9/9 20:12

55回答

勤労学生控除を受けた場合の親の増税は親の収入によっても増える額は違いますか?

勤労学生控除を受けた場合の親の増税は親の収入によっても増える額は違いますか?

税金24閲覧

ベストアンサー

0

勤労学生控除を受けるという事は、年収が103万を超えるのだと思います。 その場合、親は貴方を扶養控除できなくなり、税金が安くならなくなります。 親の収入が多ければ、それに応じて所得も多くなり、別添のとおり税率も上がるため結果として税金は増えます。 https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/2260.htm

その他の回答(4件)

0

勤労学生控除は自身しか控除されない、あまり役に立たない制度なんですよね 「130万まで税負担が無い!やったね!」←「うん、でも親の控除がなくなるから、その分は親から税徴収するね」と、まるで罠みたいです ということで103万超えたら親の支払う税負担が多くなります いくら多くなるかは親の所得で変わってきます 所得が多ければ多いほど税負担は増えます

0

勤労学生の控除は 質問者さまの収入に対する優遇制度です。 質問者さまの収入がお給料である場合 年103万円以上のお給料支給額であれば 親御さんは 質問者さま分の 扶養控除ができなくなり 税法上の扶養から外れることになります。 親御さんの扶養控除の額は 質問者さまの年齢 および 親御さんの所得税率により異なります。

0

>親の増税は...... 「増税」では無い。 「減税」が無くなる。 結果は同じだが意味合いが全く違う。 所得税は累進税率なので 扶養控除による所得控除の額が同じでも「変動する税額は違う」 変動する税額の最小は0円、最大は約24万円 次年度の住民税は最小は0円、最大は4万5千円