会社の健康保険の扶養について、うちの両親の、 父が70歳で年金収入が158万円以上あり、 母が69歳で年金収入が130万円(158万円以下)、

会社の健康保険の扶養について、うちの両親の、 父が70歳で年金収入が158万円以上あり、 母が69歳で年金収入が130万円(158万円以下)、 の場合、 父は、158万円以上なので、国民健康保険に彼自身で加入する必要があり、 母だけ、私の会社の健康保険の扶養に出来る。 という理解で正しいでしょうか???

社会保険110閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

ベストアンサー

0

ID非公開

2020/9/9 23:11

158万 はどっから? 基礎控除 48万+ ねんきんの控除110万から かなと思うけど 税金の話と 健康保険の扶養の話は別なので、 忘れてください。 健康保険の扶養にできる基準は 60歳未満は130万 60歳以上や障碍者は、180万です かつ扶養する人の収入の半分以下 なので 扶養にいれることができる 可能性は高いです (同居の場合) 別居の場合は、 両親の収入以上の仕送りを 求められる ので、現実的ではない と思います。

すいません。158万円は所得税でした。 健康保険の扶養は、元気な70歳と69歳の場合は、 年金収入で、130万円未満ですか?? 年金収入でそれを超えると、父は国民健康保険に加入させ、 母だけが、うちの会社ので扶養できるという 理解で正しいでしょうか??

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました!アドバイスありがとうございます。

お礼日時:9/10 16:45

その他の回答(2件)

0

60歳以上の収入条件は年額180万円未満です。 ただし、同居でも別居でも 「主として被保険者に生計を維持されている」かが重要です。 つまり子の収入で親の暮らしが成り立っている状態のことで、具体的な基準は以下のとおりです。 親の年間収入:130万円未満(親が60歳以上またはおおむね障害厚生年金を受けられる程度の障害者の場合は180万円未満)かつ 同居の場合:親の年収が子の年収の半分未満、 別居の場合:親の年収が子からの援助額(仕送り額)未満 また75歳になると扶養からは外れます。 75歳以上の方には「後期高齢者医療制度」という特別な医療制度があり、そちらに加入することになるためです。