ID非公開

2020/9/9 23:48

44回答

現役大学生(一年・男)です。

現役大学生(一年・男)です。 日常生活の中でアニメを見ることがあるのですが(趣味と言えるほどではなく、たまに面白そうって思ったら見るくらいですが)一ヶ月程前から、アニメを見ていた時に『あれこの声どっかで聞いたことある!』『このキャラクターの声って誰なんだろう?』と気になり、ネットで検索してみると同じ声優の方だということが分かり、他の声優さんについても調べるくらい声優という仕事に興味を持ちました。 今までキャラクターの声について考えることがなかったため、声優という仕事も知りませんでした。 いろいろ声優について調べていくうちに、「声優になりたい」と考えるようになってしまいました。 声優になるためには、養成所や専門学校に通い、オーディションに合格した人が、事務所に所属できるということを知りました。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー ここで、私のことなのですが、私は現在外国語専門の学部の大学生です。 そのため、声優になるにはとても努力が必要だという現実があるんですよね…。 また、声優の方はアニメのキャラクターの声を担当するだけでなく、歌を歌ったり、舞台に上がることもあるんですよね? これらに関しては私は未経験な為、声優になるのは厳しいのだと考えています。 先程も述べたように、私は外国語(特に英語)を専門に学んでいます。 わたしが通っている大学の卒業生の進路は、英語の教師か英語を活かすことができる職業に就くことが中心です。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 声優は声のお仕事だから、わたしには叶わない夢だと思っていたところ、英語力を活かすことができるものを見つけました。 それが、外画(つまり海外の映画)の吹き替えをする声優です。 これなら英語を専門に学ぶ大学出身でも、英語力を活かすことができると思いました。 声優になるためには、発声についてや滑舌、朗読、エチュードについて学ぶ必要があり、養成所や専門学校に通わなければなりません。 通う方法としては、大学在学中に通う方法と大学を卒業してから通う方法があるかとおもいます。 しかし、母には「大学の勉強をしっかりとして、ちゃんと大学を卒業してほしい。大学生のうちに通うのはやめてほしい」と言われてしまいました。 このことには半分納得できます。 なぜなら、英語を学びたいということと、英語力を伸ばし、声優という仕事に活かしたい。と思うからです。 一方で、大学二年生までは勉強一筋にし、三年生から養成所に通いたいと思っているからです。 正直物凄く悩んでいます。 大学を卒業した後に、アルバイトをしながら養成所に通うのか、大学在学中に養成所にも通うのか。 親は、声優になりたいことについて否定はしませんでした。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 今ご活躍されている声優の方には、大学を卒業してから、養成所に通ったという方がいます。 だから、大学を卒業した後に養成所に通い、声優になれる可能性はゼロではないということ。しかし、厳しいですよね。 私は、声優についてもっと知るべきだと思っています。むしろ、もっと知りたいと思っています‼︎ ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 長文になってしまったのですが、私がお聞きしたいことは、4つあります。 ①「声優」とはどんな仕事なのか詳しく知りたいです ②仮に、大学卒業後に声優の養成所に通うとなった場合、大学生のうちに準備するべきことは何ですか?? ③養成所に通うタイミング(大学在学中 or 大学卒業後)のそれぞれのメリット・デメリットを教えていただきたいです。 ④外画の吹き替えをする声優だけでなく、アニメやナレーションなど、マルチに行う声優を目指すべきですか? 今の私は、声優になりたいという夢を持ち続けようか、無理だときっぱりと決め英語を活かすことのできる別の仕事に興味を持つべきか、非常に悩んでいます。 この悩みを解決したいので、声優に詳しい方がいらっしゃいましたら、是非教えていただきたいです。 ご回答よろしくお願い致します。 長文になってしまい、失礼致しました。

声優95閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">250

ベストアンサー

0

①アニメ、吹き替え、ナレーション、ラジオ、舞台など声に関する仕事のエキスパート ②専門学校と養成所は目的が異なりますのでその違いから ・専門学校 演技や発声など未経験からでも入学ができそれらを学ぶ。卒業前のオーディション(事務所関係者や養成所関係者を集めて合同でやる場合が多い)で声が掛かった場合に所属や養成所入所が決まる。いきなり事務所所属になるのは100人単位の専門学校でも数年に1人とかのレベルです。養成所入所が第一目標と考えていいでしょう。 ・養成所 初心者はほぼいません。1クラス20〜30、1レッスン2時間〜長くても3時間くらいで、先生は毎回1人1人を見て教えるなんて時間ありません。見て貰えるとしても5分以下ですので、いかに短い時間で自分の良さを伝えるかが大事になってきます。レッスンは自分をアピールするチャンスの場と考えていいでしょう。 大学在学中にやることは、基礎(イントネーションや発声など)を学び演技に慣れることです。演劇サークルや部活が最適かと思います。あと貯金ですね。 ③在学中のメリット、向き不向きがハッキリしている世界ですので、たとえ声優に興味があると言っても実際やってみたら自分に合っていなかったなんてこともありますので、早い段階で見切りをつけられます。 デメリット、専門学校(土日のみや夜間でも)養成所ともにかなりお金がかかります。大学に通い、アルバイトをしながらレッスン費を払うとなるとかなり辛いかと思います。 卒業後のメリット、自由に使える時間も増えますし声優を目指すという目標に専念できます。 デメリット、だんだん将来が不安になってきます。親の目や友達が働いている中、自分は本当にこのままでいいのか?といった感じになります・・・ ④マルチに活動できるに越したことはありませんが、短期間で学ぶには難しいと思います。養成所は事務所の直列である場合が多いので、入りたい事務所がどの分野に強いかによります。 最後に、質問者さんが何処にお住まいかは分かりませんが、どんなに才能があっても東京にいなければチャンスはありません。 また、声優業界は過多傾向にあります。女性なら若年齢アイドル化、男性なら人気声優の固定化が進み新人が活躍しにくい環境だとも思います。 声優とは限りある役・仕事を新人から大御所までで取り合う世界です。 厳しいことを言いましたが、最初の一歩を踏み出せば可能性はあります。諦めてなにもしなければ可能性は0です。 また男性の場合は20代後半から30代で声帯が安定し、声に艶が出るとも言われてますので、大学1年なら焦る必要はないかと思います。 個人的にはご両親からの理解が得られるのがベストだと思います。夢を追う上で支えてくれる人がいるのといないのでは大きく違ってきますので。

この返信は削除されました

その他の回答(3件)

0

1、他の人が長文書いてくれるだろう。 2、お金を貯める。あと演劇部とか演技の勉強だよ。 声優は人前で演技をする仕事であって、 声を入れるだけが仕事じゃない。 3、大学在学中 メリット・若いうちから声優で売れると成功しやすく、 息が長い声優人生になる可能性がある。 デメリット・勉強も声優も どっちも上手くいかない可能性がある。 そもそも声優になるのが難しすぎるし。 大学卒業後 メリット・英語が使えるという武器で周りと張り合える。 大学卒業をしっかりしたという証明がある。 声優になれなかった時の保険が効く(かもしれない)。 デメリット・周りより年上だと声優になりにくい。 ただでさえ声優はなりにくいのに、 十代と一緒に競争するのはつらい。 4、違う。声を入れる仕事なら 仕事と思って何でもやるべき。 このリストを見てください。 アニメに出た人ばかりでしょう。 https://www.fukikaeru.com/?p=12776 吹き替えの仕事はアニメで良いキャラをし、 人気になり、ベテランの域に入ってきたから 周りから与えられる声優も多い。 アニメは代表作になるし、 名前を覚えてもらえるから大事だし、 吹き替えばかりしたいと言ってやれるものでもない。 夢は大事。でも夢を見過ぎるのは自分を滅ぼす。 30代後半で声優を夢見てバイトしている 中年になってはいけません。

0

あんた日本人なのか?日本人がどんなに英語頑張っても、英語圏の人間が聴くと不自然な英語にしか聞こえないので無理です。

0

吹き替えで英語をという思うのは勝手ですが、はっきり言えば不要です。 そもそも多くの海外での映画作品は英語で多くは収録されています。 それを日本語字幕でも困るからわざわざ日本語吹き替えで声優を使う訳です。 また、担当している声優が多少の英語が出来なくても別で話せる方にレクチャーをしてもらうので、吹き替えで英語を活用という考えでの仕事は無い。 その上でも声優にと思うのであれば。 1.アニメでアフレコ、プレスコ、ラジオ、ゲーム、舞台、歌、ダンス、音声ガイド、SE(目覚まし音声など)、と最近、TV出演、楽器もとかになりつつある。 と、ここまでは表に見えたり活躍が多いが、この後は表に出てこない仕事。 舞台、アナウンス、ラジオでも地方限定、SE(自動販売機などの音声など)、色んな企業などのPVや株や教習説明アナウンス収録など アニメでも成人向け、ただ男の出演は多くは無い。 2.足りない事すべて。特に演技をして楽しいと思うのか、さらにうまくと思う精神の継続、度胸。他人とのコミュ力。 バイト、生活資金、周りの目、両親の目。 3.できるだけ在籍中に行くのがベスト。書かなくてもわかると思うが、多くの方は養成所や専門学校に行けてもやめる人が多く、それでもと継続できても事務所側の欲しい人材では無い人が多いのでそのまま卒業で辞めていく人も多い。学生で在籍中であればその後普通に就活へとできるし、大学ならその卒業というネームバリュウも生かせる。 今後少し社会的にどうなるかは不明ですが、今後すぐに一般企業が社会システムが変わる事は多少あろうが大きく変わる事は少ないこんな事出来るのは一部だけ。 4.それはあなたが決める事だろ。ただ、上にも書いたように吹き替えは舞台や自然な本人の演技を求められるし、どれだけの厳しさなのか質問者はまだ理解できていないのだろう。 なぜ、収入に対しアニメの上に吹き替えがあるのか。

ID非公開

質問者

2020/9/10 12:05

ご回答ありがとうございます。 外画系声優について、私にはまだまだ知識が足りていませんでした。 声優になるためには、厳しい道のりがあるということが分かりました。 今後の参考にさせていただきたいと思います。