回答受付が終了しました

ID非公開

2020/9/10 6:26

1111回答

子供のことで質問です。 まず前提なのですが夫婦共々頭が良くありません。 二人とも俗にFラン大学という大学を惰性で卒業した身です。 なので教育方針として「勉強はそこまで優先しなくても

子供のことで質問です。 まず前提なのですが夫婦共々頭が良くありません。 二人とも俗にFラン大学という大学を惰性で卒業した身です。 なので教育方針として「勉強はそこまで優先しなくても いいやあ。ハマったことを応援してあげよー」と結構適当な考えで子供を育てていました。 ところが、中3になった息子は学内テストで殆ど1位をキープし総合点9割を下回ったことがありません。 普通の公立中学ですが、他所から見てもきっと頭が良い子に育ってしまいました。 そして今年受験を控えています。県内トップの公立高校を目指しているそうです。 勉強はノータッチですので本人に任せていますがこれで良いのでしょうか? 頑張る子なので邪魔はしたくないのですが辛いことも一人で耐えているのではないのかと親としては心配です。 真面目に受験したことがある方の当時の意見を聞きたいです。 親として理想の振る舞い方を教えてください

中学校 | 高校受験443閲覧

回答(11件)

0

他の方もおしっしゃっていますが、他の面(健康、精神面)をサポートしてあげてください。 あと、声に出して褒めてあげてください。本人が努力していることを肯定してあげてください。質問者さまはどうですか?褒められると自信ややる気がみなぎりませんか?

0

真面目にトップ校を受験したことがないが、うちの子も親に似ず成績は良いです。 で、うちの子も塾の先生にそそのかされ、県内上位校に行きたいと言い出しました。 まず、私が塾の先生に言われたことは、親が代わりに受験してあげられるわけではない。 親が徹底管理だと、自分で考えて動くことができなくなる。 今話題になってる、高学歴なのに、指示されないと仕事ができない奴になるって言われましたよ? なので、親は子供に自学する習慣つけさせて、子供が自分でやれる子に育てる事が大切と言われました。 逆に自学する習慣がついてないなら、親が面倒みるべきとも言われました。 他の子供が自学する習慣がついてるからうちの子も放置ではなく、自分の子供の今の状態見て判断する。 ダメなら、よそは関係なく面倒みるしかない。 塾の先生が言うには、親の徹底管理だと、成績は頭打ちになるらしい。 ある程度は行くがそれ以上は行けないらしい。 成績上位にいるのは、自分で考えて動き、自分でやれて、自分で管理できる子だそうです。 そういう子はスマホとか持たせても自分で管理できる。テスト前になると、親に言われなくても自ら電源切って放置したりするような子らしいです。 ただそうは言ってもまだまだ子供なので完全に放置はいけない。 本人の意思に任せればいいが、それでも親の助けが必要な事は協力するでいいんじゃないんですかね? 塾の先生の受け売りですが。

0

模試でもそれなりの点数が取れてるなら放っておいて良いと思います

0

おなじ状況を体験したことがないのなら余計な事は言わず静かに見守るだけです。 普通にして、お子さんが過ごしやすい様にする。 栄養のある食事をつくるなど。 一人で耐えてるのではないか・・・ 頭の良い子なら周りのことは冷静に判断できてます。話して理解してもらえる、アドバイスがもらえる人だと思うなら向こうから言ってきます。 何も言ってこないのなら黙っておくことです。

0

「親として理想の振る舞い方」というのは、それぞれご家庭の事情、親子関係によるので、何がそれにあたるか難しいところでしょう。 これまでうまくやって来れたと思うなら、この段階にもなれば、基本的にはノータッチで良いと思いますが、 ねんのため注意を向けておくとしたら、学校外の模試等での成績状況、通っている中学校の過去数年分の進学実績の確認、それから中学校の先生がちゃんと進路指導を(具体的に)してくれるのかどうか。 それぞれの地域事情によるところが大きいことですので、一概には言えませんが・・・・あくまでも念のため、警戒するとしたら、ということで。 まず一つには中学校ごとの生徒の学力水準に大きな差があることが多いこと。その差は、ご両親が受験した頃よりも大きくなっている可能性が高いと思っておいてください。 中学校で成績トップであれば、とうぜん地域トップの高校へ行けるだろう・・・と思って受験しても、実際には落ちてしまうようなケースはよくあります。 入試当日たまたま失敗したというような話ではなく、中学校の学力水準の差に起因するものです。 私は塾の講師をしておりますが、 塾生のなかにも、本人は「中学校でトップクラスなのでトップ高へ行きたい」と思うものの、塾側としてはその中学校の学力水準のためにお勧めはできない・・・が、最終的には本人の希望にそって受験をした結果として残念ながら失敗、というケースはよくあります。 そのようなことがよく起きるため、学校では進路指導時に「○○高なら大丈夫でしょう」などと明確なアドバイスをしないことも、よくあります。 その場合には、親御さんがちょっと情報集めをする必要があるかもしれません。 それから、入試問題に準拠したような学校外の模試は受けているでしょうか? 最近の中学校の校内テストは簡素なものが多いのです。 試験前に「ワークブックを何回かなぞって覚える」というテンプレ的な簡素な学習を真面目にやりさえすれば100点近く取れてしまうが、それすら出来ないような生徒がやたらに多い・・・・というような感じになっています。 これらは本人(生徒)目線ではわかりにくい部分です。 ご両親が受験された頃とは、受験事情、中学生の学力事情が大きく変わっていると思っておくのが無難です。 ご両親は「Fラン大学」とおっしゃいますが、実際には当時はまだ「Fラン大学」など存在しなかったはずです。当時の大学進学率は25~30%ではないですか? 今は50%超、しかも「全入時代」です。 大学進学率が25%程度だった時代には大学に入ることすら困難だったような学力水準の人たちが、今は小学校や中学校の教員にどんどんなっているような時代でもあります。 大学受験だけでなく、高校受験の様子も変わっています。 本人はせっかく頑張ってきたのに、周りの環境面で足を引っ張られて受験に失敗するようだと悲しいですから、ねんのために。