ID非公開

2020/9/10 10:04

33回答

台風での保険について 「災害保険に入ってても、築50年経過してる家の屋根が飛ばされても、保険で賄えるのは耐用年数に応じた減価償却された金額だけ。 元通りにはならないってこと。」

台風での保険について 「災害保険に入ってても、築50年経過してる家の屋根が飛ばされても、保険で賄えるのは耐用年数に応じた減価償却された金額だけ。 元通りにはならないってこと。」 ヤフーニュースのコメントでこのようなものがあり、そう思うばかりでした。 私も以前、台風被害で火災保険(再調達価格で入ってます)を使いましたが、減価償却などされた覚えがなく、このコメントは正しいのでしょうか?

台風 | 保険18閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

ベストアンサー

0

火災保険では新価基準で保険金額を設定するのが基本となっています。その場合、減価償却という時価基準の考え方はとりませんので、損害額が実損で支払われます。 新価での契約ではなく、わざわざ時価契約をしている場合は比例塡補により損害額の一部だけが支払われることになりますが、普通は新価ですので、Yahooニュースサイトのコメントは誤りである場合が多いかと思います。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆さま回答ありがとうございます。再調達価格=新価ですよね。最近は新価契約の人が多いと思うのに、保険に入ってもムダのようなコメントがあり疑問に思いました。ヤフコメはあまり信用しないほうが良いですね。

お礼日時:9/10 12:10

その他の回答(2件)

0

そのコメントされた保険と あなたの使った保険 これは同一だと、なぜあなたが思い込んでいるのですか? まさかこの世の中にある災害保険が全部同じだとか 思い込んでいるわけでは、ないですよねえ?

ID非公開

質問者

2020/9/10 11:24

同一だとは思っていません。 最近は時価契約の人は減っていると思っていたので、自分が間違っているのかと思い質問しました。 ヤフコメの方は時価契約の人が多いのかもしれませんね。