静止摩擦力F=μN という式がありますが。力Fというのはこの場合、物体に加えた力のことであって力を加えてもその場に摩擦力によって動かないという現象になると思いますが。

静止摩擦力F=μN という式がありますが。力Fというのはこの場合、物体に加えた力のことであって力を加えてもその場に摩擦力によって動かないという現象になると思いますが。 Nというのは質量と重力加速度なので一定しているので、物体に作用させる力を大きくしても静止摩擦力μがどんどん大きくなる、ということを意味してるということですか? 授業における説明だけだとピンとこなかったのですが。どなたか説明してください。

物理学59閲覧

ベストアンサー

1

摩擦力は、いつもμNではありません。なぜならかけた力以上に摩擦力は発生しないからです。 最大の静止摩擦力がμNなのです。 F=μN この式は、摩擦力とかけた力が一致するときの式です。つまり、動き出す瞬間の式と考えてください。 普段は、 F ≦ |μN| と考えておいた方がいいでしょう。

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

回答ありがとうございます!

お礼日時:9/10 15:19

その他の回答(2件)

0

物体が静止している間は、加えている力が大きくなるにつれ、静止摩擦力も大きくなります。この間は静止摩擦係数は関係ありません。静止摩擦力が最大になったときを、最大(静止)摩擦力といい、その垂直抗力との係数を静止摩擦係数といいます。