原発は安いですか?

原発は安いですか?

画像

ベストアンサー

0

世界の原子力発電所は550くらいあるそうです。 もう戻れないところまで来ました。 いまが良ければいいじゃないの、一百年後.二百年後 なんて知りませんよ! という話です。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

回答ありがとうございます!

お礼日時:9/14 11:01

その他の回答(6件)

0

何が安いと言っているのかが不明確な質問ですが、発電コストが安いことについての質問と解釈して回答します。なお、原発の建設費は、100万kWeで4000億円程度です。 2015年に公表された発電コストの内訳から簡単に説明すれば、火力(石炭、LNG)と比べて燃料費が安いこととCO2対策費が不要だからです。 燃料費が安い理由は、出力密度(単位重量または単位体積当たりの出力=エネルギー)が圧倒的に大きいからです。 原発の燃料であるウランは、重量当たりの出力(エネルギー)で言えばLNGの45000倍、石油の74000倍、石炭の11万倍です。これは重量当たりであって、体積当たりにすれば更に差は広がり、LNGの188万倍、石油の160万倍、石炭の153万倍です。しかもLNG、石油と異なりウランは石炭と同様に安定個体なので、備蓄には圧倒的に有利であり、同じ理由で、輸送にも圧倒的に有利なのです。海外からの輸送回数が圧倒的に少なく、リスクもほとんどないこと、価格が安定していること、で単位発電量当たりの燃料費が安くなります。 ちなみに2014年度モデル試算での燃料費は、原発で1.5円/kWh、石炭で5.5円/kWh、LNGで10.8円/kWh、石油が21.7円/kWhです。この他、火力にはCO2対策費が加わり、原発は資本費(建設費)が火力(石炭で2.1円/kWh、LNGで1.0円/kWh)に比べると高い(3.1円/kWh)のですが、燃料費、CO2対策費の差の方が大きいのです。 では、燃料費がただの太陽光、風力は何故高いかと言うと、実際の出力密度(この場合は単位面積当たりの発電量)が圧倒的に小さいので、kWh当たりで計算すると、資本費が圧倒的に大きくなってしまうのです。陸上風力で12.1円/kWh、メガソーラーで17.9円/kWhになります。 ちなみに、100万kW級の火力、原子力と同等の発電量を得ようとすると、風力発電では約200km2、太陽光発電では約60km2の広さの土地が必要で、火力は0.5~1km2、原子力は0.5~2km2の土地で良いということでも、太陽光、風力の資本費が大きいことは分かるでしょう。 更に、太陽光、風力は不安定電源(気候まかせで、需要に応じた出力調整ができない)なので、常にバックアップ電源(主として火力)が必要です。設備の二重投資になっていることと、不安定電源の発電量に合わせて火力の出力を下げて運転するので、設備利用率が下がること(単位発電量当たりの運転コストが上昇すること)について発生する費用は、太陽光、風力の発電コストに考慮されていないので、実力的には更に高くなります。 なお、「放射腦」は無知ですから、発電コスト試算にバックエンド費用、事故対応費用が含まれていることが相変わらず理解できていません。以下の試算結果をきちんと読んで理解できる能力がないということです。 <発電コスト試算結果> https://www.enecho.meti.go.jp/committee/council/basic_policy_subcommittee/mitoshi/cost_wg/006/pdf/006_05.pdf

0

原発は高いです。 1基数百億とか、千億とかしますよ。 核燃料が安いから元が取れるという算段かな?

1

どこまで含めましょうか? 仮に廃棄物を10万年管理する経費まで含めずとも、原発は高コストで危険で汚くて不安定で子供たちも癌だらけにするとんでもない発癌発電ですよね。 何をどの様に考えても高くつくと思います。 ただし電気は社会に取って血液です。 地熱発電をベースロード電源に出来るよう開発を進め、汚くて不安定で高コストな原発はエンガチョ ですよね。 シーレーンがいつでも安全だと言う保証はありません。 万一の事を考慮すれば、 電力単体では高価であっても、って、ホルムズ海峡問題など天然ガスの中東依存度の低さを見ても影響は少ないのです。 たまに、シーレーンがー!と言って原発推進の残念な人もいますので、面白いですよね。

1人がナイス!しています

1

どこまで含めましょうか? 仮に廃棄物を10万年管理する経費まで含めると、 何をどの様に考えても高くつくと思います。 ただし電気は社会に取って血液です。 シーレーンがいつでも安全だと言う保証はありません。 万一の事を考慮すれば、 電力単体では高価であっても、 日本に取って結果的に安くついたと思える事態は 想定の範囲内です。

1人がナイス!しています