ID非公開

2020/9/12 13:07

66回答

最近流行りの薪ストーブを使おうと考えています。 本当にカーボンニュートラルなのでしょうか?

最近流行りの薪ストーブを使おうと考えています。 本当にカーボンニュートラルなのでしょうか? 国産のペレット状のものが安く売っていますが、 どこから来たのかわかりません。 産地が書いてあるものは日本のもあるようですが、詳しことがかいてありません。

ベストアンサー

1

ニュートラルというより環境破壊です。 http://www.mightyearth.org/wp-content/uploads/Mighty-Sumitomo-report-Japanese-screen.pdf#search='%E3%82%A6%E3%83%83%E3%83%89%E3%83%9A%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%88+%E3%82%B0%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%83%94%E3%83%BC%E3%82%B9' 森林伐採による燃料の場合、最初から、運搬、伐採の重機などからCO2が排出されますので、元々ニュートラルといわれること自体が間違いです。 オイル、石炭がだめなら次は森林に手を付けようといったところでしょう。 例えば、小規模で行われれば、環境の負担は小さいですが、日本をニュートラルにしようとすると、国土の7倍の森林が必要になります。 EUなどが推奨していますが、結局、規制の低い貧しい国や外国の森林を輸入してニュートラルだと主張していますので、必ず抜け穴のある概念です。 森林は人間が管理する必要のない部分なのでできる限り放置するべきです。 まともな環境学者はカーボンニュートラルなど推奨することはありません。

1人がナイス!しています

その他の回答(5件)

0

環境に敏感な北欧やドイツで普及しているストーブので、安心して使っています。経験15年、70歳から始めました。チェーンソー(ガソリン・電動各1台)、油圧式薪割り機(7t)を使い、年間5トンの原木を処理しています。野良仕事の経験皆無、探せば薪友達に巡り合えます。いくら安くても、友達を紹介してくれない設置業者に依頼しないこと。 なお、薪ストーブとペレットストーブは全く別物です。後者は、比較するなら石油ストーブでしょう。 薪ストーブは3回温まると言われています。伐るとき、割るとき、焚くときです。手間はかかるけど、炎が揺らめくのを見ているだけで取り戻せます。正面が耐火ガラスの製品を選ばないと後悔します。

1

ご参照ください。 ↓ https://woodsmokepollution.org/phone/index.html https://www.env.go.jp/air/info/biomass-stove.pdf 薪ストーブの煙はタバコの煙よりも多くの有害物質とPM2.5を排出し、一度肺に入ると取り除く術はありません。肺癌、心臓・喘息発作、脳卒中、認知症を誘発すると海外では研究が進み、また胎児〜子供ほど悪影響があるそうです。 wood stove pollution などで検索すると木煙による健康被害の情報がいくらでも出てきます。 ということで、住宅街での設置は近隣の迷惑でしかありません。 補助金を出している市町村もありますが、近隣トラブルの責任は設置者が負う、と誓約書を書いて購入させる自治体や、喘息の人が近くに住んでいたら設置しても使用できない可能性を明記した自治体もあります。 日本で流行っているのは、薪ストーブによる大気汚染が明らかになったため欧米の規制が厳しくなり、売れ残った薪ストーブを規制のない日本で売って儲けようという業者が売りさばいているから、ということも一因です。 ご注意ください。 ※追記 残念ながら、薪を燃やした際に発生するPM2.5は微粒子なので、どんな高性能フィルターなどでも除去できずに近隣住宅の窓から少しずつ少しずつ屋内に侵入するそうです。また、どんなに性能のいい薪ストーブでも煙突からの煙の臭いは皆無ではありません。 家を暖めるために、自分だけでなく近隣住民の肺・心臓等疾患の割合が増えるという結果が出ています。 住宅地ではなく別荘地などで薪ストーブの使用を検討することをお薦めします。

1人がナイス!しています

0

薪ストーブ、いいですね。 ただ都会の密集地では煙突は大丈夫でしょうか。 カーボンニュートラルと言うこと自体あまり 分かりません。 なぜニュートラルなのか。当然多少の負荷はあります。 ただ楽しそうで、あまり迷惑をかけそうでなければ いいのでは。

1

→ (地球)温暖化対策?のと、家庭燃料種類の議論は、分けて考えてもいいのでしょうね!つまりカーボンニュートラル?というのが果たして意味ある行為なのか?どうか?非常に疑わしい話しなんだと聞こえますね? 使用燃料の種類?は、好みもあるでしょうしコスト競争力もあるでしょう?ね?お金が許すのならば、後はなんのでもOKなのかも知れませんね?ですよ!

1人がナイス!しています

3

羨ましいですね、木質ペレットストーブが使えるのは。 設置方法や使い方は、 https://www.env.go.jp/air/info/biomass-stove.pdf 木質ペレット燃料は、 https://w-pellet.org/pellet-2/ 間伐採や加工屑から、木質ペレット燃料を作っているので、カーボンニュートラルです。もったいない精神ですよ。 でも、品質基準を満たした、生産地が明確なものを使う必要があるでしょうね。

3人がナイス!しています