漢方薬や生薬など自然界にあるものが病気などに効くことは、どのようにして発見されるのですか? 例えば、鹿の角に強壮、強精、鎮痛効果があることなどは、どのようにして発見されたのでしょう

漢方薬や生薬など自然界にあるものが病気などに効くことは、どのようにして発見されるのですか? 例えば、鹿の角に強壮、強精、鎮痛効果があることなどは、どのようにして発見されたのでしょう か? もしかしたら、世の中にあるものの中には、発見されていないだけで、病気などに効くものがたくさんあるかもしれないのですか?

ベストアンサー

0

鹿の角はともかく・・・ 生薬は長い年月の生活の経験から見つけられています 例えば、猛毒で知られているトリカブトの毒も、 そのようにして見つけられていたのでしょう アフリカ原住民が矢じりにnull読モ経験から見つけられたのでしょう 他にも麻薬などについても・・・ コカインで有名な「コカの葉」もへ露云うんの原材料であるケシも・・・ それを「科学的」な方法で系統的理論的?に発見しているのが「自抗生物質」 ペニシリンは、細菌研究の途上、アオカビによって最近の発育が阻害されている現象にヒントを得て発見されました それ以後「カビ=黴や放線菌」にそのような現象があることから何種類もの、抗生物質が発見されています 抗生物質も、生物産生(由来)の薬効成分という事では 「生薬」と言えるんじゃないですかね

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ご回答いただきありがとうございました。

お礼日時:9/20 11:14