ID非公開

2020/9/14 20:29

44回答

自衛隊で隊員の中に行方不明者が現れた場合など、同じ部隊や駐屯地に所属する人たちは見つかるまで休日返上で捜索活動に当たるのでしょうか?

自衛隊で隊員の中に行方不明者が現れた場合など、同じ部隊や駐屯地に所属する人たちは見つかるまで休日返上で捜索活動に当たるのでしょうか? このような事が起きた場合隊員は家族などにも口外したらいけないんですか?

ベストアンサー

1

営内者が駐屯地で点呼に不在の場合、あるいは営外者が家族から(本来家にいなければならないのに)帰っていないなどの通報を受けた場合の所在不明隊員を脱柵と称します。この場合はなにか悩みを抱えている場合が多く、自殺の危険が考えられますので、中隊の営内班や近しい隊員で20名くらいの捜索隊を作って捜索に出ます。この段階では連隊の人事班に一報は入れますが、公にはしません。精神的に一時的に不安定なることは誰でもあることです。つまらないことで経歴に傷をつけてはならないという配慮です。 しかし限度は一日だけ、一日たっても見つからなければ連隊長に報告しなければなりません。 私の知る限りでは、営外陸曹が奥さんとの不仲で行方不明になったが、同僚隊員が探して見つけ出した、陸士が演習行きたくないので点呼時に不在、倉庫で泣いていた、金銭問題を抱えていた陸士が脱柵、営内者の下宿荒らしをして警察に捕まった、他方面隊から転属してきた単身赴任の陸曹がなじめず無人隊舎で首つり、彼女に振られた営内陸曹が深夜に給水塔から飛び降り(巡察中の当直が見つけたそうだ)、など。 一般企業でも前日まで元気だった同僚がいきなり連絡もなく欠勤したら心配して自宅に電話したり、訪れたりしますよね? 結束硬く、有事の際には死して任務完遂を誓い合った隊員同士が、実家に一報入れて終わりなどということはありません。連隊長に隠し事はできませんが、その許された期限1日を最大限活用して、文字通り寝ずに探し回ります。中隊と言えば演習で寒い思いひもじい思いを分かち合い、点検で同じ苦しい気持ちを共有した仲間です。一人でも欠けては戦力発揮できません。戦争に行く前に貴重な隊員を失うなどということはあってはなりません。自衛官が死を許されるのは戦場だけです。そうですね?

1人がナイス!しています

レンジャー訓練を途中で原隊復帰をした隊員が演習場で自刃というのもありました。 もちろん隊員間の借財理由で確信犯も多いです。そういうのはほとぼり冷めると市役所や警察署に申告しに出頭するらしいです。住所不定のままでその後の人生が成り立ちませんからね。

その他の回答(3件)

0

非常呼集がかかり捜索します。 それが休日であってもです。 見つかるまで探すことはないです。 手を尽くせば捜索中止となります。 基本的に口外NG

0

最悪の事態を想定して、捜索を実施します。 ですから家族には真っ先に連絡をして、本人から連絡があればすぐに教えて欲しいと協力をお願いします。

ID非公開

質問者

2020/9/14 21:46

最悪の事態を想定しての捜索活動はどのくらいの期間実施されるのでしょう? キャンプ場で行方不明になった女の子の捜索などありましたが、一般人が行方不明になって見つからない為に切り上げるのと同程度でしょうか?

0

元陸自隊員です。 例えば、演習中に演習場内で行方不明になったような場合、近くの駐屯地など含めて総動員で捜索します。 そいうのとは違い、駐屯地から抜け出す「脱柵」の場合、誰も捜索しません。 入隊時に記した連絡先(実家・親戚など)に電話連絡する程度です。 なお、口外については特に部隊から「秘密にしておけよ」と言われない限りは防衛秘に該当するような物でもありませんから口外OKです。 部隊などから「言うなよ・秘密な」とか言われたらNGです。 参考になったら幸いです。

ID非公開

質問者

2020/9/14 21:43

元自衛官さんからのご回答感謝申し上げます。演習場内などで行方不明者が出てしまうと、見つかるまで他の隊員の皆さんは、日頃の仕事や休日をそっちのけで捜索されるのですか?お盆やシルバーウィークなどの長期休暇なんかもなくなってしまうのですか? 例えばですが、亡くなって見つかったような場合は、部隊やなんかに連帯責任と称して何らかの罰を与えたり、原因究明などで隊員が拘束されますか?