中古のdapってバッテリー持ちとか大丈夫でしょうか?

オーディオ23閲覧

ベストアンサー

0

その他の回答(2件)

1

使用できるレベルではあります。 ただ新品時の性能(再生時間)はもちろん出ません。 どれだけ短いかはその品次第です。 バッテリー交換できないモデルは短期間だけ使うに留めましょう。 或いは将来バッテリーを交換することを覚悟して買いましょう。 そういう意味ではメーカーサポートが切れたor切れそうなものは買わない方が良いですね。

1人がナイス!しています

0

そりゃ、当然分かりませんよ。 バッテリーを新品に交換してあれば問題ありませんが、当然ながらそんなことをするショップはありません。前のオーナーにしても、下取り前にバッテリー交換なんて100%しませんしね。 バッテリーの状態は、結局前のオーナーがどの程度使っていたかによるわけです。しかし、実際の使用頻度は買い手には分からないんですよ。 ということで、DAPに限らずバッテリー搭載の製品を中古で買うということは、言ってみれば「博打に近い」ということになります。 買って早々にバッテリーが寿命を迎えて、交換しないと使い物にならなくなる可能性もないとは言えないということです。 まあ、販売するショップ側としては店の信用にも関わりますので、バッテリーがヘタっていることが明らかな場合はそもそも最初から「売り物」として買い取ることもないでしょうし、仮にバッテリー劣化が明らかなものを買い取って売る場合でも、そういう難あり製品は相応の大幅な値引きなり、事前の注意喚起(告知)等をしてくれるものと思いますが、どちらにしてもバッテリー搭載製品を中古で買う場合は、買い手側にもそれなりの覚悟は必要ですよ。 それらを含めての「安価な中古価格」で買うわけですからね。