健康保険について 先日、指の骨折手術をしました。 その際に、折れた箇所にボルトを3本ほど埋めて固定したのですが、そのボルトが保険適応外で自己負担額が10割であることに最近気づきまし

健康保険について 先日、指の骨折手術をしました。 その際に、折れた箇所にボルトを3本ほど埋めて固定したのですが、そのボルトが保険適応外で自己負担額が10割であることに最近気づきまし た。 これって、病院側の説明が必要だと思うのですが、どうなのでしょう。 仮に、他のボルトで保険適応のものがあればそうしていたと思います。 あるいは、治療に関わる費用でも、保険外のものってあるものなのでしょうか。。 ご教授くださいませ。 よろしくお願いいたします。

健康、病気、病院 | 国民健康保険15閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

ベストアンサー

0

一般的な医療費請求です。 健康保険の診療報酬請求のルールに沿ったものです。 説明すべきだったかどうかは、微妙です。 「会計時に説明があれば親切ですね」程度の話だと思います。 治療に使われる医療材料には、「特定保険医療材料」というものがあります。 その特定保険医療材料の材料価格は、厚労省が告示した決められた料金があり、いわゆる自費診療とは異なるものです。 健康保険扱いの治療をして、特定保健医療材料に該当するものを使用した場合は、この料金表を用います。 (材料費なので、3割負担とかの設定はありません。料金表は、●●円という表現で設定されています。健康保険の診療報酬は、●●点です。) *もし、この特定保険医療費材料以外のものを希望すると、それは完全に自費です。いわゆる先進医療とか、超最新医療となりますので、かなりの金額になるでしょう。 今回は、一般的な材料を使ったのだと思ってください。 それ以外を希望すると、費用が多くなるだけですし、何を使うかは医師に任せましょう。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました!

お礼日時:9/15 16:55