剣豪将軍とも言われる13代将軍の足利義輝さんは、どのくらい強かったのでしょうか? 足利歴代将軍の中でも一番強い将軍だったのでしょうか?

剣豪将軍とも言われる13代将軍の足利義輝さんは、どのくらい強かったのでしょうか? 足利歴代将軍の中でも一番強い将軍だったのでしょうか?

日本史53閲覧

1人が共感しています

ベストアンサー

1

剣聖と呼ばれた、塚原卜伝から免許皆伝を授けられているので、 相当な腕前だったのでしょう。 本来、将軍が太刀を抜いて敵と格闘する事など、 あってはならない事ですし、当時の感覚では、 剣術などは卑しい芸事だと考えられていたから、 義輝は異例だったと言えます。 剣術のステータスが上がるのは、徳川家康が剣術好きで、 柳生家が将軍家指南役として、大名にまで立身して以降です。

1人がナイス!しています

その他の回答(3件)

0

個人の武力ではおそらく最強。

0

足利将軍の中でも、一番強かったと思いますよ。 免許皆伝ですので・・・。 言い伝えでは、義輝は将軍家の名刀を何振りも畳に突き立て、 「我が国の名刀の切れ味、そなたらで確かめてくれる!」 と三好勢に言い放ち、次々と死体の山を築いたので三好勢は近づけず、 畳をはがして義輝に覆いかぶせる形で押し倒し、上から大勢で乗っかり、 刀で「串刺し」にする事でようやく仕留めたそうです。

0

足利歴代将軍でいちばん強かったのは初代・足利尊氏です。いくら義輝が免許皆伝とは言え、それは剣術上でのこと。実戦で勝ち残ってきた尊氏には敵いません。義輝はそれに次ぐ2番目でしょう。 来週の大河のネタバレになってしまいますが、将軍御所を襲われた義輝は、足利家に伝わる名刀をずらりと並べて、血脂で斬れなくなると刀を次々に替えながら、敵を斬って斬って斬りまくったそうです。 しかし多勢に無勢で疲れて息が上がったところを足を払われ、四方八方から畳?襖?で押さえ付けられて、その上から刺し殺されたそうです。