回答受付が終了しました

ID非公開

2020/9/16 12:25

44回答

エイブラハム・リンカーンの

エイブラハム・リンカーンの 「人民の人民による人民のための政治」 すなわち 「白人の白人による白人のための政治」 っていうことですよね? 額面通りに受け止めた黒人は騙されてますよね? 奴隷解放の父だの

回答(4件)

0

リンカーンは理想主義者と権謀術数を駆使した現実主義者の両方の側面を備えていた人物です。 彼が黒人奴隷の問題に心を痛めていたのは事実ですし、弁護士として活動していた事からアメリカ社会において奴隷問題は解決しなければならないと考えていたのも事実です。 そういう意味では「白人の白人による白人のための政治」ではありませんね。あくまで「合衆国人民の合衆国人民による合衆国人民のための政治」でした。 ただし、黒人奴隷を奴隷身分から解放したとして、そこからどういう社会的身分にするかは課題が山積でした。いきなり参政権を与えたら南北戦争の二の舞になるかもしれませんし、そもそも北部や西部の方々とて賛同してくれるかは分かりません。 黒人の方々からしても一朝一夕に自分達が白人の仲間入りできるとは思っていなかったでしょう。ただ、それを置いても「奴隷という立場から解放される」という意味においてリンカンは確実に自分達に進歩を与えてくれた存在に違いなかったのです。なにせ「モノ」から「差別されているとはいえヒト」にまで押し上げてくれたのですから。 ですから、奴隷解放の父であるのは事実です。ただ白人と黒人を何から何まで平等にするというかは暗殺されたこともあって不透明です。 ただ20世紀を見ればわかる通り、いずれは変革しなければならなかったことであり、それを短期に一気に進めただけでも偉大な人物と言えるでしょう。

0

白人も騙されたから 合衆国政府中心の 合衆国政府による 合衆国政府のための 政治をやったのがリンカーン 人民の自由な取引は認めない 人民の権利より政府の権限の方が上 人民のためにはならんが資本家のためになる

0

南北戦争は、工業化が進む北部と、綿花プランテーションを中心にした南部地主の主導権争いでした。 その意味でリンカーンの奴隷解放宣言は、南部が囲い込んでいる黒人奴隷の労働力を北部の工場労働者に転換するという意味がありました。人道や善意だけのものではありません。