ブルーザー・ブロディを知らない世代も増えてきましたか?

ブルーザー・ブロディを知らない世代も増えてきましたか?

ベストアンサー

0

大好きなレスラーです。 多分、そうでしょうね…… アントニオ猪木さんの写真見せて、「この人は?」って聞いたら、「ビンタする人。」って ……… 悲しいけど、時代は流れてますね……

その他の回答(6件)

0

普通にいる気がします。 増加中でしょうね。 本当に伝説になってしまう。 88年に亡くなっているので、3歳で見ていても、85年の姿で、35歳。 生きているときの姿を憶えているのは、若くて40前後でしょう。 この中には、プロレスを見なくなってしまった人もいるはずです。 40前後は就職氷河期で、未婚、子がいないというケースも増えてくるので、親子間でプロレス文化、ブロディ論の継承が起きない。 そうなると、名前だけ聞いて気になった人が、ネットで調べるくらいの気がします。 映像が残っている分、いい気はしますが。 ブロディの盟友・ハンセン(奥さんも日本人の親日家)なら、わかる人もまだいると思うので、 「60分フルに、全力で動けるのは、自分とブロディくらい」 という言葉からでも知ってほしいです。 気難しいレスラーでしたが、リングに上がった時の存在感、説得力は、抜群でした。 ブロディが他界した際の報道では、事件がショックだったのもありますが、ブロディの功績がまとめられていたものです。 本人が反論できない今では、気難しい面と、どこから出てきたのか総合とごっちゃになった最強説などで、話が捻じ曲がっている気はします。 とはいっても、評価が分かれる(実際、よくわからない部分はあった)のは、プロレスカテゴリや、情報だけでブロディを知った一部の人だと思うので、普通に忘れられるだけの気がします。 あの体で動けるし、跳躍力もある。 スタミナは切れない。 少なくとも、弱いという印象は、残さなかったと思います。 昭和末期の最強外国人の1人、筆頭と言ってもいいかもしれない。 アンドレあたりもそうなってしまうのかもしれませんね。 大きい人、で片づけられるのは悲しい。 活動期間の短かったオブライトなどは、もう新しいファンには知られていない気が。 Uインターもなくなったし。 高田がレスラーだったとは聞いても、試合を見たことがない、興味がない人も増えていくでしょう。 馬場さんは現役が長かったから、晩年だけを見て、動けない巨人と言われるかもしれないし。 歴史的には、評価が分かれても、アントニオ猪木の名前は残ると思います。 アリとやったのは、今考えてもすごいですね。 斜めから斬りこむ外交も独特。 他に思いつく政治家は、自民党なのに内部批判を堂々とし、単独でベトナム戦争を止めに行くと言って、東南アジアで失踪した、辻正信(渕じゃないです)くらいでしょうか。 昭和と平成のドン・キホーテ。

2

増えてきたと思います。 ここ知恵袋でもブロディの話題となると『ワガママな嫌われ者。負けブックを飲まない。』とか『レスリングが下手くそ。相手を光らせられない』とボロクソに言う人が目立つようになりました。 リアルタイムでブロディを見てたプロレスファンでこうした発言を100%受け入れられる人間はいないと思います。彼は人間的な問題を抱えながらもプロレスに対しては真摯に取り組み、結果多くのファンを魅了してました。 そんなブロディの事を知りもしない人間がテキトーな事書き込んでるんでしょうね。

2人がナイス!しています