クラカテの帝王サムです バッハ、マタイ受難曲LP持っていますか?

クラカテの帝王サムです バッハ、マタイ受難曲LP持っていますか? バッハ/「マタイ受難曲」全曲 クルト・エクヴィルツ(テノール) カール・リッダーブッシュ(バス) レーゲンスブルク大聖堂少年聖歌隊 ほか ニコラウス・アーノンクール(指揮) ウィーン・コンツェントゥス・ムジクス プレス国 ドイツレーベル ブルーレーベル

画像

ベストアンサー

0

私は全曲盤のCDすら持ってません。高くて手が出ないからです。なので、カール・リヒターのハイライト盤を持っています。この一枚だけでも十分に楽しめます。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

あざっす!

お礼日時:9/28 8:03

その他の回答(7件)

1

アーノンクール、コープマン☆、ゲーベル、シフはバッハを演奏する資格がないくらいに思っています。 あ、鈴木とか云うのもヘン。 バッハ、カンタータ全集はレオンハルトと半分ずつ録音。 リアルタイムでしたが結局、半分捨てたようなもの。 アーノンクールはブランデンブルグを聴いて見限りました。 実に活き活き。 https://m.youtube.com/watch?v=moeHLpKn680 それに比し、この死んだ音楽。 https://m.youtube.com/watch?v=WLN1L_3Y6nc 地に足が着いてない。 チャラい。 https://m.youtube.com/watch?v=20tau1ngCtY 真面目で丁寧なだけ。 まさに日本人。 西洋クラシックではツマラない、要らない。 のっぺり平面的。 つまりドイツ語でなく日本語(笑)。 https://m.youtube.com/watch?v=hO3X-nKWhns モーツァルトも汚い。 モーツァルトは響きの音楽だと思うので、あり得ない。 アーノンクールはオーストリア貴族の末裔。 文化や音楽には溢れていたはず。 そうしたものにアーノンクールは反発、反抗したのではないか? さらに言えば復讐すらしてたのでは? しかも最後まで。 老舗の息子によくあるタイプ。 伝統や歴史、家に敢えて反発、反抗しようとする。 大抵、長ずるに従い、伝統や歴史に馴染んで行きますが、アーノンクールは違った。 で、反発しようが、反抗しようが構わない。 それは伝統の活性化、新しい展望、発展に繋がるから。 年寄りばかりでは文化が硬直する。 死前硬直!笑 でも、アーノンクールは違った。 反発、反発が手段でなく目的になっていたような気がします。 で、その姿が実に痛々しい。 無理して奇を衒っているとしか思えない、聴こえない。 実に不自然。 彼を取り囲む文化、伝統が豊饒なだけに、無力な抵抗は痛々しい。 痛々しさではチェリーと並びますね。 2人とも顔が歪んでる。 音楽から生命を奪う。 音に死相が見える。 伝統に潰されたか、ベルリンに潰されたかの違いはありますが。 あ、でも1枚だけ聴く演奏があります。 ヴァイオリン協奏曲。 なんか突っ張ってない。 やっぱアーノンクールでも奥さんは怖いのかな? ホロヴィッツみたい(笑)。 https://m.youtube.com/watch?v=yb-uCGBhN8A

1人がナイス!しています

0

マタイは持ってないなーと思っていたのですが、、、 今日たまたまLPをゴソゴソやってたら、ありました。ジャンクを拾い上げたものでしょう、忘れてました。 なんと、メンゲルベルクのが!! すすり泣きが聞こえるかわかりません。 まだ針を落としたことがありませんので。 CDでは聞こえなかったな〜、すすり泣き。

0

私はカールミュンヒンガー指揮のシュットゥガルト室内管弦楽団の バッハのブランデンブルグ協奏曲を持っています これは 1980年当時で4000円くらいでした ずっしりと重くて 音楽の持つ威厳を感じさせました この曲でクラシックの扉を叩いた私は今はピアノとチェロとバイオリンを弾いています バイオリンははじめたばかりで下手ですね

0

残念です・・・LPは、大分前に処分しました。 今は、CDで聴いてま~す。 (1958年6~8月 ミュンヘン録音) 指揮者:カール・リヒター オーケストラ:ミュンヘン・バッハ管弦楽団/合唱団 テノール:ヘフリガー ソプラノ:ゼーフリート バス:フィッシャー ディースカウ 他 CDは、あと本棚で3台ありますが、山の神に「断捨離」しなさいと言われていますが、なかなか捨てられません ^^; 寺田寅彦先生ではないですが、「人間は、忘れた頃に聴きたくなる」なんて・・・執着心が強いのでしょうか? 「煩悩の犬は追えども去らず」みたいです。

画像