ID非公開

2020/9/18 7:04

22回答

東京の海抜ゼロメートル地帯は浸水した場合、どのような対策がとられているのですか。

東京の海抜ゼロメートル地帯は浸水した場合、どのような対策がとられているのですか。 居住者の命に関わる問題です。

ベストアンサー

0

こんにちは貴方の質問に解答します。 自分は昨年まで防火関係の仕事、危機管理を担当しました。 近年は大型の台風が多く発生しています。 国や都では住民の避難場所として、指定避難場所(小学校の体育館、公民館)では 荒川と江戸川で高所への避難を考えている。 更には 東京の東部に位置する葛飾区や江東区、江戸川区、墨田区など荒川の両岸地域には、海よりも低い海抜ゼロメートル以下の地域が広がっていて、台風などで集中豪雨が降ると、河川の氾濫による浸水の危険性が懸念されている。国土交通省は大規模水害の発生時には、高潮を防ぐ堤防とともに、市民の避難場所になる高台整備事業を進めることを計画している。 

ID非公開

質問者

2020/9/18 21:10

防災の専門家の方ですね。 一時的避難についてはわかりました。 ただし、浸水した場合、海抜ゼロメートル地帯では高低差による自然排水はあり得ません。 常時稼動の排水機場のポンプは災害時の広域停電や燃料供給停止にはどのような対策がされているのですか。長期にわたり、海抜ゼロメートル地帯の排水ができないような気がします。

画像

その他の回答(1件)

0

頑丈な建物の3階以上に非難するよう自助を求めています。 また、そう言った避難者を拒否しないよう建物管理者に共助を要請しています。 公的な対策はハザードマップで危険を知らせているだけです。 あの都知事は都民自らが選んでいるし、内閣も支持率6割越えとか大勢に指示されていますからね。 自助と共助で乗りきるしか無いですね。