盛土の造成地は絶対ダメですか?? ハザードマップを見て何にもかかっていない緩やかな坂にある分譲地を見つけました。

盛土の造成地は絶対ダメですか?? ハザードマップを見て何にもかかっていない緩やかな坂にある分譲地を見つけました。 しかしそこは元々道路より2~3メートルくらい低く、盛土をして道路と同じ高さまで上げています。(コンクリート擁壁) こちらの質問箱を見ていますと、盛土は絶対✕というのを見かけます。ですが、新しい分譲地ってもともと畑や田んぼを造成し分譲地として売り出すので、そもそも盛土のない土地なんてあるのか?とも思います。 盛土は絶対にダメなんでしょうか? それとも造成時に地盤対策などの補強工事などをきちんとしたら大丈夫なのでしょうか? 素人の為、よくわかりません。 詳しいかた、ご教示願います。

土地 | 不動産59閲覧

ベストアンサー

0

盛り土の反対の言葉に切土が有るのですが 地盤の強さでいえば、盛り土より切土の方が強いって事です。 ただ、そもそもの地盤面や盛った後にどのような処理をしているか? それによって必ずしもと言うわけではありません。 盛るより切った方が地盤は安定する。 と当たり前な事です。 また、宅地開発はもともと畑や田んぼだったところ以外にも 山を崩す事も有るので、山を崩す場合、切る方が大きくなりますよ。

コメントありがとうございます。 やはり土を盛った後の処理をどのようにしているかが肝のようですね。ここはきちんと不動産屋に確認しないといけません。 うちの地域では山を切って分譲する事はほぼ皆無で殆どが田んぼや畑を造成して分譲地とし売り出しています。そのような地域で盛り土では〜なんて言っていたら土地なんて買えないと思った次第です。(地方の田舎です)

その他の回答(1件)

1

絶対ダメは無いです。 ハザードマップの表示がなくても、水文学的な検査で、要注意が出てくることが有りますね。 トンネル工事、道路工事などでは、水文学調査行います。 これで、地すべりの危険がある程度判ります。 地すべりは土砂崩れと違って、相当緩くても発生します。 あとは、地層調査でしょうね。 土木事務所で、教えてくれることもあります。 N値の測定やボーリング調査させてもらってはいかがでしょうか? ボーリングすると、地中障害がわかることもありますので。

1人がナイス!しています