ID非公開

2020/9/18 18:13

33回答

飛行機について質問です。飛行機の翼の厚みは飛行機それぞれでなぜ違うのですか?速さが速い飛行機ほど薄いイメージがあり、逆に遅い飛行機ほど分厚いイメージがあります。それは薄いから速いのか、速いから薄くでき

1人が共感しています

ベストアンサー

0

その他の回答(2件)

0

そのイメージで正解ですね。 薄い程、空気抵抗が減るので早くなります。 薄くなると発生する揚力が比例して減ります。 高速ならそれで問題は無いのですが、定速だと失速とかに。。。 それで、遅い飛行機は分厚くなる傾向があります。 雑学: 早い飛行機でも離着陸は必ずあります。 薄っぺらいと低速での飛行が困難になり 長い滑走路でも長さ不足になります。 それでフラップなどが装備されてます。 フラップを出すと、航空力学的に翼の厚みが増えた状態と同じ効果が得られます。 定速で飛行する事になる、離着はフラップを使う事になります。 雑学2: 遅い飛行機は短い滑走路で安全に離着陸が可能。 それで使える空港が多くなります。 その様な事もあり、プロペラ機も永遠に必要。 そして離着陸時の安全性はプロペラ機の方が爆発的に良いんです。 ジェット機の離着陸時は物凄く危険なんですが 一般の方々はジェット機の方に安心感を覚えます。

0

速くするために薄くしたとお考えください。 薄くしたためアルミ合金では持たないので最近は加工が非常に困難なチタンが使われることが多くなりました。