ID非公開

2020/9/18 19:46

22回答

国民年金の追納分と確定申告について。

国民年金の追納分と確定申告について。 学生時代の全額免除3ヶ月、学生特例25ヶ月、納付猶予3ヶ月、計31ヶ月分の追納のお知らせが届いており、追納を始めようと思っております。 確定申告により、課税収入からの社会保険料控除が受けられると思いますので、上手い具合に振り分けて年毎の納付額(支払い月数)を決めた方が良い(一括で全額払うよりは、支払い年を分けて数年控除を受けた方が良い)と聞いた事があるのですが、その場合、源泉徴収を貰う前に控除を出せるMAXの金額を計算しようとしたら、何を見て計算すれば良いのでしょうか? 私は医療費控除も毎年申請しており、今までは前年の確定申告の控えを見て「今年も収入は変わらないから控除はMAX○円だせるな..」という概算が出来ていたのですが、この4月から給料形態が変わったため、上手く計算出来ずに悩んでおります。 給料明細のココを掛けたら良いよ!とか、給与制度担当から書類が貰えるよ!とか、何か良いアイデアを無知な私に教えていただけませんでしょうか? あらかた調べはしましたが、そもそも制度自体に詳しくないので、「課税収入」や「社会保険料控除」など、伝えようとしている言葉の文言が多少違っているかもしれませんが御容赦ください。

税金 | 年金89閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

ベストアンサー

0

計算式はいろんなところにおいてあるけど、面倒臭いなら国税庁の確定申告書作成コーナーで試してみてはどうだろう。無名でも虚偽のデータでも、計算と書類作成までできてしまいます。計算させるだけでも。

ID非公開

質問者

2020/9/19 12:30

ありがとうございます! てっきり確定申告の時期しか使えない(繋がらない)ものだと思っておりました!!PCでする確定申告の作成は分かりやすくて使いやすいので、期間外に使えたら本当に便利です! ありがとうございます!

その他の回答(1件)

0

給与収入(給与明細の総支給額の合計と、12月までの見込みの総額)から給与所得控除を引いたものが給与所得です。 給与所得控除額は、収入金額により違います。ネットで調べれば金額が分かると思います。 あとは確定申告書に準じて所得から差し引かれる金額を当てはめて計算、で、大丈夫ですか?