小学校の音楽の授業のことです。

小学校の音楽の授業のことです。 娘は真面目で勉強も出来る方ですが、できない事があると凄く気にして自信を無くします。小学校4年でクラス委員をつとめて本人なりに張り切っているようです。 今日音楽の先生に、皆んなの前で課題曲を弾くように言われたのですが、自信がないので、『やりたくない』と言ってしまったようです。 先生がその言葉に激怒したので、娘は素直に謝るべきなのをわかっていたのに皆んなの前で怒られたことを恥ずかしく思い、体裁を保とうと『やりたくないから』と再度言ってしまったようです。 授業後音楽室に残るように先生に言われ、先生に対して失礼だと再度怒鳴られ、 怒られ慣れていなかった娘は自信のなさから言ってしまったことがおおごとになってしまったことにびっくりして大泣きして帰宅しました。 音楽の先生でない先生から娘が大泣きした旨の電話も受けました。 私は、授業態度の大事さや、自分の発言が一生懸命指導してくださる先生に失礼だったことを諭しましたが、娘は私が言うまでもなく重々反省していました。 確かに娘の行動はいけないことですが、先生も娘の真意を聞いて諭して下さる方法もなかったのかな、皆んなの前で激怒し、また居残りで激怒し、娘が興奮して泣きじゃくる方法がよいのか、とも思ってしまいました。 先生が感情で怒るのか、指導者の立場で指導するのか、小学校4年の指導者としてもう少し対応方法のアプローチがあったのではと残念にも思いますが私の考えはおかしいでしょうか。

小学校99閲覧

ベストアンサー

3

音楽の先生でない先生って担任の先生からですか? だったら、きっと心配してくださってる先生もいらっしゃるんだと思います。 叱られなれてる子もいれば、叱られることにとても敏感なお子さんもいます。 だから叱るのって難しいですよね。 専科の先生だと、お子さんの性格を把握してなかったことも想定されます。 まずは、教えてくださった先生に詳しく聞いて、あとは娘さんをフォローすることに専念した方がよいかと思います。 その上で、どうしても先生と話し合わないと解決しないようなら、担任の先生とか教えてくださった先生に再度相談してみてはどうでしょうか。 それは、おかしいことだとは思いません。 「この前電話いただいて、その後娘とも話したのですが・・・」って状況を説明したらよいと思います。 音楽の先生と対決するという意味ではなく、まずは娘さんの気持ちが落ち着く解決策を探るのが先決ですよね。

3人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

私の気持ちに寄り添って下さるご回答に気持ちが楽になりました。人生において、娘の経験はこれから先もあると思います。私も、娘が怒鳴られたと言ったのが本当なのかどうか、ではなく、まずは信じてあげたり気持ちに寄り添ってあげる第一人者になって、娘の気持ちが楽になってくれれば、自ずと自らの言動に冷静に向き合い、しっかりと反省し次に繋げてくれるのではと思いました。風と太陽で、私自身が温かいご回答に学びました。

お礼日時:9/23 23:34

その他の回答(10件)

0

親としては子供の性格をわかっているのでこう対応してほしいという気持ちはありますよね。 うちの子も繊細なタイプなので気持ちはよくわかります。 ただ、一回45分の週2回程度の関係の先生ですよね?その先生にとっては一対一の関係というより、一対何百のうちの一人の関係でしかないでしょうからそれを理解して対応しろというのが無理な気が。 同じように怒られても子どもによって、注意されたと感じる子、激怒されたと感じる子、あーあ怒られた~と感じる子。いろいろだと思います。 いろいろな先生に触れることで、子ども自身も学べることはあるでしょうから、私なら我が子に共感しつつ次からはこうするといいね!と励まして応援するに徹します。先生がーみたいにあまり深くは考えないかな。

2

質問の通りの対応だとしたら、「なんでやりたくないの?」とぐらいは聞いても良かったと思いますし、最終的には、「じゃあやらなくていいけど、点数はつけれないよ」と言えばいいだけだと思います。 でも、もしもその話が娘さんからだけの情報であれば、話半分に思った方がいいとも思います。 人は自分に都合よく話すものですし、子どもなら尚更ですから。 まぁ、その状況で「やりたくない」と先生に向かって言える度胸があれば大丈夫だとも思いましたし、先生には何も言いませんね。 様子だけ気をつけて見ています。 先生に理不尽なことを叱られた経験は山ほどあります。 その度に、ムカつくなーとイライラしたり、逆に落ちこんでその先生が苦手になってオドオドしたりしてきましたけど、親には愚痴るだけであとは自分次第でした。 みんな同じような経験はしてきていると思います、それも成長には必要な経験だと思います。 だから、落ち込んでるから…とすぐに親が出るのは、逆に心の成長の妨げになると思います。

2人がナイス!しています

4

教師は『やりたくない』を音楽の授業自体か教師自身への否定や批判ととらえた可能性はあります。 >体裁を保とうと『やりたくないから』と再度言ってしまったようです。 ここで決定的になってしまったのでしょう。娘さんが自分の言いたいこと(=自信がないからやりたくない)を正しく教師に伝えられなかったことが行き違いの原因になっていると思います。 少なくとも教師を感情的にさせる挑発的な要素はあるでしょうね。 四年生だから語彙力が無いのはわかりますが、自分の気持ちを正しく伝えないと教師で無くても、そんなつもりじゃ無くても他人を怒らせることになることは教えるべきでしょう。 それ以外は、子供の一方的な親への話だけで、本当に教師が「激怒」したかどうか、怒られ慣れていない子供が都合の良いようにバイアスかけて話してる可能性もあるのでなんとも言えません。

4人がナイス!しています

4

激怒激怒、怒鳴られなど書いてますが、それは誰から聞いたんですか? 娘さんからなら、娘さんは怒られ慣れてないんですよね?じゃあ、ただ叱られただけなのに、それを激怒と勘違いしたのかもしれませんよね? それとも、質問者さんが勝手に激怒と言ってる? 質問文には、娘さんを庇う言葉ばかりですが、片方だけを聞いても真相はわかりませんよ。

4人がナイス!しています

0

先生の対応があってたとは思いませんし、別の諭し方もいくらでもあったと思います。 親としても子が大泣きして帰ってきたら心配ですし胸もいたいです。 が、全ての先生(親もそうですが)がその時その子にベストな対応が常に出来るわけでもないので、そのフォローをして対処していくのが前向きなんではないでしょうか。