ID非公開

2020/9/19 11:24

99回答

日韓併合は最良の植民地支配だったのでしょうか?

日韓併合は最良の植民地支配だったのでしょうか? それとも最も良い植民地支配があったら教えて下さい。植民地支配は必ずしも奴隷制ではないので、植民地ではなかったという反論は不要です。当時の政府もその言葉を使ってます

ベストアンサー

0

オーストリアもドイツに併合されましたが、それと日韓併合との違いは何ですか? 日韓併合について、国民の事を考えていない統治能力もない、そればかりでなく、国民および近隣諸国を戦乱に巻き込み続ける国、 そういった場合、周辺の強国が国際的秩序の観点からその国を取り込む、国家安全保障という観点もある、それが正当であると考えられていた時代である。 そこの国民のことを思うなら、併合も仕方がないというのが当時の「正当」な考え方となる。 「韓国(大韓帝国)」が自主独立できるチャンスはたくさんありました、しかし、英国は当時「韓国(大韓帝国)は日本に支配されることが韓国人自身のためにもなる」という結論を出しています。←これが「日韓併合の正当性」という事になります。 伊藤博文をはじめ、当時の日本には、「韓国(大韓帝国)」の自主独立を考えていた政治家はいました。 ----------------------------------------- 英ケンブリッジ大学の国際法学者J. クロフォード教授は「自分で生きていけない国について周辺の国が国際的秩序の観点からその国を取り込むということは当時よくあったことで、韓国併合条約は国際法上は不法なものではなかった」とし、また韓国側が不法論の根拠の一つにしている強制性の問題についても「強制されたから不法という議論は第一次世界大戦(1914年 - 1918年)以降のもので、当時としては問題になるものではない」としている。 ----------------------------------------- ↑「日・中・露」の間にあって「韓国(大韓帝国)」は「国際的秩序」を乱し続けていた。 ↑「韓国(大韓帝国)」の政治家には統治能力がない(国民のことなどさらさら考えていない)。 ↓日露戦争後の朝鮮半島を巡る国際情勢 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9F%93%E5%9B%BD%E4%BD%B5%E5%90%88#%E6%97%A5%E9%9C%B2%E6%88%A6%E4%BA%89%E5%BE%8C%E3%81%AE%E6%9C%9D%E9%AE%AE%E5%8D%8A%E5%B3%B6%E3%82%92%E5%B7%A1%E3%82%8B%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E6%83%85%E5%8B%A2 ------------------------------------------- ↑英国のランズダウン外相はロシアの南下を阻止するため、韓国が自主独立の国家として存在することを望んでおり、ジョーダン駐韓公使に対して韓国の支援を行うように指示を行った。ジョーダンは韓国の立場になって日露の干渉を排除するために尽力していたが、日露戦争の終結時になると、ジョーダンはマクドナルド駐日公使に対して「日清戦争後に独立した韓国の状況を見ていると、韓国の政治家に統治能力がないため、此処10年の韓国は名目上の独立国に過ぎず、このまま独立国として維持されるのは困難である」と見解を示すようになる。マクドナルドもジョーダンに同意し、韓国は日本に支配されることが韓国人自身のためにもなるという結論をイギリス本国に報告した。ランズダウン、バルフォア首相は2人の見解を了承し、第二次日英同盟では日本が韓国を保護国にすることが承認された。 ------------------------------------------- ↑英国は、なんとか大韓帝国を自主独立させようと努力したが、大韓帝国自体が滅茶苦茶でどうにもならず「匙を投げ」てしまった。 ↓第二次日韓協約とハーグ密使事件 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9F%93%E5%9B%BD%E4%BD%B5%E5%90%88#%E7%AC%AC%E4%BA%8C%E6%AC%A1%E6%97%A5%E9%9F%93%E5%8D%94%E7%B4%84%E3%81%A8%E3%83%8F%E3%83%BC%E3%82%B0%E5%AF%86%E4%BD%BF%E4%BA%8B%E4%BB%B6 ↓伊藤博文の暗殺 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9F%93%E5%9B%BD%E4%BD%B5%E5%90%88#%E4%BC%8A%E8%97%A4%E5%8D%9A%E6%96%87%E3%81%AE%E6%9A%97%E6%AE%BA ↓民間の政治団体・一進会の上奏声明 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9F%93%E5%9B%BD%E4%BD%B5%E5%90%88#%E6%B0%91%E9%96%93%E3%81%AE%E6%94%BF%E6%B2%BB%E5%9B%A3%E4%BD%93%E3%83%BB%E4%B8%80%E9%80%B2%E4%BC%9A%E3%81%AE%E4%B8%8A%E5%A5%8F%E5%A3%B0%E6%98%8E ↓併合 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9F%93%E5%9B%BD%E4%BD%B5%E5%90%88#%E4%BD%B5%E5%90%88 なお、「日韓併合」は国際法上「違法」ではありません、「日韓併合」は「1910年」です。 ↓国際法上、引っかかるのは↓以下からです。 ------------------------------------- 1918年、ウッドロウ・ウィルソンが「十四か条の平和原則」の第5条で制限的な民族自決を記載してヴェルサイユ条約での原則となった。 -------------------------------------

オーストリアもドイツの植民地? オーストリアはドイツの軍事侵攻による併合であり、日韓併合のような、正式な手続きを踏んだ物ではありませんでした。 韓国は被害者ではなく日本の戦争に加担した加害者だった、ところが、韓国は「朝鮮は植民地だった」と嘯いて、責任逃れを続けている。ドイツに併合されていたオーストリアは、加害者であることを認め謝罪した、しかもオーストリアは1938年から僅か6年の併合期間であり、ドイツの軍事侵攻による併合であり、日韓併合のような、正式な手続きを踏んだ物では無かった、ところが、日本に正式な手続きを経て併合されていた韓国は、中国や東南アジア等に一度も謝罪していない どころか1ウォンも賠償していない、韓国は、歴史捏造によって「(ポーランドのような)被害者」を演じる卑怯者である。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆さんどうもでした

お礼日時:9/26 6:01

その他の回答(8件)

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

投稿内容に関する注意
0

当時の朝鮮の状況であれば最良だと思うよ。 だってあの当時の朝鮮は国家の体を成してなかったし。 それに朝鮮併合は明らかに欧米の植民地化とは異なってたからね。 なにが違うかというと、日本は朝鮮を吸収する形で併合。 すなわち「一体化」。「同化」。 日本が琉球王国を併合したのも同じく「同化」 沖縄県に改称して日本の一部になった。 沖縄県人は日本人として同化。 朝鮮人も日本と同化して日本人になってた。 良かったんじゃないの?日本人になれたからね。 当時の朝鮮人は人ではなく醜い豚レベルだったわけだし。 ◆朴泰赫著「醜い韓国人」より一部引用 バード・ビショップ「30年前の朝鮮」 『朝鮮の官吏の腐敗は目にあまった。私は遠慮なく朝鮮官吏を批評する。彼らは民の膏血を搾り取る吸血鬼だ。彼らは任地に赴かずソウルにあって宴楽をほしいままにし、自己の管轄内の住民を保護し善導することがまったくなく、虐待し誅求するのだ。朝鮮の事物はことごとく低級である、貧弱である、劣等である。特権階級の猖獗、官吏階級の誅求、正義公道の全滅、財産の不安、取得の危険、政府の頑迷等などことごとくこれ朝鮮自滅の禍根である。さらに国王は後宮に耽溺して億兆の赤字を顧みない。』引用終わり ◆黄文雄著「歪められた朝鮮総督府」より一部引用 朝鮮の外交顧問であった米国人 ドーハム・スティーブンス 『朝鮮の王室と政府は、腐敗堕落しきっており、頑迷な朋党は、人民の財宝を略奪している。そのうえ、人民はあまりにも愚昧である。これでは国家独立の資格はなく、進んだ文明と経済力を持つ日本に統治させなければ、ロシアの植民地にされるであろう。伊藤(博文)統監の施策は、朝鮮人にとって有益で、人々は反対していない。』引用終わり ◆青柳綱太郎著「李朝史大全」より一部引用 洪鐘宇 『こんな国王を戴きながら、韓国が滅びないのは僥倖(幸運)だ』 『韓国も今や末路である。亡びざる国はなく、四千年の旧邦も今は断末魔に近づいている。一進会員ならざるも庶民はこのうえ塗炭の苦しみにまみれたくなかろう。むしろ、日本は速やかに併合して日本天皇陛下の政によりて1200万国民が蘇生する事を得れば、国は亡んでも亡び甲斐ありと言わねばならない』引用終わり ◆李成玉著「李完用候の心事と日韓和合」より一部引用 『現在の朝鮮民族の力量をもってすれば、とても独立国家としての体面を保つことはできない。亡国は必至である。亡国を救う道は併合しかない。そして併合相手は日本しかない。欧米人は朝鮮人を犬か豚のように思っているが、日本人は違う。日本人は日本流の道徳を振り回してうるさく小言を言うのは気にいらないが、これは朝鮮人を同類視しているからである。そして、日本は朝鮮人を導き、世界人類の文明に参加させてくれる唯一の適任者である。それ以外にわが朝鮮民族が豚の境遇から脱して、人間としての幸福が受けられる道はない。日韓併合が問題になるのは、変な話だ。我が輩の併合観は、欧米人の朝鮮民族観を基に考察したのだ』引用終わり

0

他国と比べると非常に優遇。朝鮮側で併合に反対したのは1人、10人以上は賛成。 朝鮮王族も日本皇族に準じ、宮家最高の金貰ってる。 ハワイ王は罰金と5年の重労働刑、以降は不明。 ビルマ王族は男皆殺し、女は兵士が遊び、インドの非可触選民で放置。今もバーマ族としていてる。

0

最良とは?ともなります 確かに私の知る限りにおいて、経済史家のデビットランデスの本には日本の植民地支配は最良だ(最悪はスペインの中南米支配)とありました 根拠としてはその後の経済発展ですね ただし経済発展なんかみると朝鮮より台湾の方が恵まれていたとされますね この辺は温暖な土地ゆえのポテンシャルの高さともいえます(南方の台湾と北方の朝鮮の比較を見て日本人は北進論より南進論を選んだとも言われる 確かに 1940年代の1人あたりGDPをみると朝鮮が1500ドル インドが600ドル、中国が700ドル程度とされるので明らかにインド人より朝鮮人の方が裕福な生活をしています 皮肉な話ですが30年代後半より朝鮮の輸出米が激減します これは朝鮮人が豊かになったことで上級財の白米の消費が増えたからとされます 尤も その富の少なからずが北朝鮮だったりもします だからあの国は独立3年たらずで10万規模の軍を編成して戦争(ユギオ)を仕掛けられたわけです(ソ連の援助はあっても実はちゃんと対価を払っている、当時のソ連に無償援助なんかするゆとりはなかった) 実は それを証明しているのは北朝鮮自身です (さすがに公式には認めていませんが)北朝鮮は日帝時代の身分をベースに階級制(出身成分)をとっています 大まかに言えば解放前の貧農や貧困層は核心階級(全体の3割) 地主や自作農、公務員や会社員などは動揺階級や敵対階級としています 気づきましたか? つまり(政治的なあれこれは別にすれば)ガチモンの貧困層なんて全体の3割ってわけです 資源地帯であり対満州、対ソ連の戦略的要衝の北朝鮮には多額の投資があり、それに伴い朝鮮人の民族資本なども台頭していたわけです 少なくとも国民の大多数が日帝の地主のザ・小作人ってわけではなさそうです

0

朝鮮の方に取って一番良い「植民地支配」は ”大韓帝国” を残したまま、大日本帝国が徹底的に搾取していれば、ご納得したと思います。 国名を取り上げて 中途半端に、公共インフラ等を整備した事が許せないのです。

0

植民地に日本ほどお金をつぎ込んだ国は無かったと思います。 欧米が二の足を踏んだ挑戦です。 今までの支配を継続したい中国の存在。 つながりを築いて自国の南下政策を達成したいロシアの存在。 国の利権を奪い合う両班の存在。 自尊心がやたらと高い政権首脳の役人の存在。 燃料出来は切られはげ山になった自然環境。 水道設備の基礎的なインフラがない町。 両班でさえ平気で道端でトイレの用足しをする衛生環境。 道路が整備されていないので荷車も馬車も走れない流通事情。 行商が商売の根幹になっている経済状態。 奴婢や白丁などが三割以上いる。 日本が植民地にしても欧米は何にも云わなかったことは歴史的事実です。