ID非公開

2020/9/19 13:27

77回答

盗聴されるおそれについて

盗聴されるおそれについて 先日SK61というメカニカルキーボードを購入したのですが、購入した後にそのキーボードのスペースバーの下に何やらマイクが搭載されていることをネットを通じて知りました。公式ウェブページ等では、そのマイクの使用される用途は音を拾い、その音の変化に合わせて、キーボード上のライトの色を変えていくことのみらしいのですが、些かそのマイクを通して盗聴されるのではないかという心配があります。 そのキーボードは有線でパソコンに接続しますので、キーボードを基点として家中のさまざまの音声を盗聴され、その音声がパソコンを通じて第三者などに渡るのではないかと心配です。これは過度な心配性でしょうか?それとも実際にそのようなことは起こりうるのでしょうか。Winodwsの設定からマイクが音を拾っているのかも確認しましたが、音を感知してはいないようでした。ですが裏で知らぬ間に何かが動いているのではないかと心配です。 以下に商品のAmazonページと自身と同じような質問をしていた者のページのURLを載せておきます。 https://www.amazon.com/Gateron-Optical-Backlight-Mechanical-Keyboard/dp/B085BMLJD9 https://www.reddit.com/r/MechanicalKeyboards/comments/fv72qm/should_i_buy_the_sk61/ またYouTubeでもマイクについて言及していた動画がありましたので載せておきます。 https://youtu.be/7DKy6sgCNgU?t=377 情報技術に詳しい方、このようなキーボードから盗聴される可能性はあるのか教えてください。よろしくお願いします。

補足

補足としてですが、このキーボードはバッテリー等の補助電源は搭載されていませんので、パソコンの電源を切っている際は、キーボードには電気は流れません。

セキュリティ | 周辺機器49閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

ベストアンサー

1

結論から先に言えば、まず、ありえないから気にしすぎです。 で、それはさておき、手段としては、サイドチャネル攻撃の一つとして、キーボード打音の解析、キー入力を解析という手法はあります。 例えば、スマホなどマイクを搭載している機器を、PCの近くに置いといて、PCのキー打音を拾って解析とかですね、大学等の研修室レベルは、普通に実証実験されてます。 PC本体への小細工が無いという意味ではバレ難い。 利用してる機器の電力消費を監視という手段も示唆されたりしてますが、これを懸念して、PCでは無く、電力を使わない、機械式タイプライターを復活なんて案も(ドイツ辺りで)ありますが、現在だと、機械式タイプライターのキー打音、作動音を解析すれば、何を打っているかバレそうですね (w 機械式タイプライターへ回帰すれば良い分けでもない。 これも、タイプライター自身への何か仕掛けをしてる分けでは無いから、タイプライターを調べても、何も出ません。 で、本件の場合、キー打音をマイクで拾って解析なんて面倒な事をせずとも、USBで接続をしていて、物理的な動作と電気信号への変換、OSレベルではキーボードイベントなど、キーボードを操作している事は、いくらでも、把握できるし、キー打音の音声解析をするよりも、はるかに正確な情報を収拾しようと思えばできます。 で、手段は、ともかく、収拾したキー入力情報をどうするのか?! これを盗み出したいなら、外部への通信が必用になりますね。 USBで接続をされているから、このI/Fをキーボード操作以外に悪用という手段も考えられれますが、それで、PCに情報を送れてもも、さらにPCの外へ情報を送りたい....なんて事だと、PCからインターネット等を通じて外部への通信が必用ですよね。 ならば、PCから外部への、不審な通信がされていないか、ここを監視するべきとなります。 現実として、マルウェア感染など疑われる場合、外部への通信がされているか、(身に覚えが無いプロセスが動作して、そのプロセスから)不審な通信があるかは、不審な通信先は何処か、これを調べるべきです。 ネットワークユーティリティやら、監視・記録をするソフトがあるので、こういうモノで、意図しないプロセスが動作して、外部への意図しない通信をしていないかは、その辺は、気になるならチェックです。 セッションモニター(TCP Moniter Plus)やら、パケット警察など、便利なソフトウェアがありますから、導入はありでしょう。 別に、本件の話しとは関係無く、こういうユーティリティソフトはあれば便利な存在と言えます。 まあ、ユーザーが操作するでも無いけど、バックグランドでは、いろんなプリセスが動いていて、ソフトウェア等の自動アップデートやら、CRLリストの更新やら、まあ、ほんと、知らない間に通信は山ほどあるでしょう。 その辺も、興味本位的でもよいから、日頃から把握をしていれば、いざ、ホントに変な時には、不審なプロセス、不審な通信も把握できます。 OSの利用の仕方しだいですけど、OS関連のプロセスなんて、年柄年中何某か通信をしていて、まるで、スパイウェアかの如く (w で、初めに戻りますが、まあ、現実としては、キーボードへの小細工とか、早々ありえる事とも思えません。 ノーブランドの外国製の訳分からない製品でも、導入なんて事でもなければ、まあ、要らぬ心配では?!

1人がナイス!しています

その他の回答(6件)

0

実世界では近くにいてもお友達になりたくないタイプのイタい人ですね

この返信は削除されました

1

誰に買われるかもわからないし、そんなに沢山捌けるものでもないものに盗聴用マイク仕掛けるって物凄く無駄な行為だと思う。

1人がナイス!しています

1

知恵袋なんてやったらあなたの個人情報全部抜かれてしまいますよ。 電源切って部屋の鍵もかけてじっとしていないとダメですよ。

1人がナイス!しています

1

心配が過ぎる。 盗聴は無いだろうし、その程度のリスクを気にするのならPC自体使わない方がいい。

1人がナイス!しています

1

昔々のキーボードの通信速度を考えると、相当難しいと思いますが、今時は、USB接続ですし、ハード的(機械的制約)な制限はないですね。 悪意のある開発者がキーボード内部のソフトに盗聴プログラムを記述していれば、可能性はゼロではありません。 ただし、本体側のキーボードドライバーも同時に必要になりますので、現在のキーボードドライバーがマイクロソフト製であれば、心配は要らないと思います。 とはいえ、不特定多数のあなたを盗聴するメリットはないと思いますので、実装されていないと思います。

1人がナイス!しています