ID非公開

2020/9/19 15:38

22回答

「因果関係の立証」と最高裁判所の見解 ――――― ネット上で「因果関係の立証」というタイトルで

「因果関係の立証」と最高裁判所の見解 ――――― ネット上で「因果関係の立証」というタイトルで 最高裁の見解が、次の内容で示されているのに出会いました。 内容は― 「訴訟上の因果関係の立証は、 一点の疑義も許されない自然科学的証明を必要とせっず、 経験則に照らして全証拠を総合検討して、 特定の事実が 特定の結果発生を招来した関係を是認しうる 高度の蓋然性を証明することであり、 その判定は、通常人が疑を差し挟まない程度に、 真実性の確信を持ちうるものであることを必要とし、 かつ、それで足りるものである」―とされる。 ーーという内容でした。 (質問) この見解の出所、出典・時期など 見解が示されるに至った背景などを ご教示頂ければ有難いです よろしくお願いします

法律相談14閲覧

その他の回答(1件)

0

ID非公開

2020/9/20 0:43

>経験則に反する事例 動物実験も行っていないようなも異常な投薬を行えば、患者側が負けるということです。 北海道大学殺人事件https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14211689404?__ysp=5YyX5rW36YGT44CA44OR44O844Kt44Oz44K944Oz55eF 釧路赤十字病院殺人事件 https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14199874409?__ysp=6Yen6Lev6LWk5Y2B5a2X55eF6Zmi カルテ改ざんどころか、入院中から虚偽の記録で埋め尽くされる。 悪質であればあるほど、司法は裁かない、裁けないということです。