事故で後遺障害14級を頸椎捻挫で認定された場合、別の事故で後遺障害14級を腰椎捻挫では認定されませんか?

事故で後遺障害14級を頸椎捻挫で認定された場合、別の事故で後遺障害14級を腰椎捻挫では認定されませんか?

交通事故32閲覧

ベストアンサー

0

後遺障害と言うのは「生涯その症状が継続する」ことが前提となっているので、一度14級に認定されれば、以降もその症状(14級相当の症状)は続いている筈なので、別の事故後に頸椎の症状が14級と判断されることは当然と言えば当然のこと。 「別の(交通)事故」前から後遺障害14級の状態だったので、「別の事故」で頚椎だけでなく、頚椎以外の後遺障害が14級に認定されても相当等級は14級と言うことになり、後遺障害補償費は支払われません。