ID非公開

2020/9/20 18:27

33回答

3組に1人が離婚すると厚生労働省の調査で明らかになっているのになぜウソだと信じない人が一定数いるのでしょうか?もしウソを流しているとして誰が得をするのですか?

3組に1人が離婚すると厚生労働省の調査で明らかになっているのになぜウソだと信じない人が一定数いるのでしょうか?もしウソを流しているとして誰が得をするのですか?

国際情勢 | 政治、社会問題19閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

1

現実離れの数字だね。軽率で、数字に弱い人ほど騙される。 人口動態調査では、なるほど年間の結婚数は60万組、離婚数は20万組あたりです。だけど、この2つの数字を比較するのはあまり意味がない。 日本の夫婦の総数は約3000万組です。そのうちこの1年間に離婚するのは20万組、150組につき1組という微量です。全然イメージが違うでしょう。 確かに結婚してから5年以内に1割が離婚している。これなら身の回りを見渡してもありうる数字でしょう。しかし再婚も少なくないから、離婚すなわち独身生活とは限りません。 3組に1組という数字が、いかに間違った印象を流すか明らかですね。辛抱してやり直すという根気が、これでは失われる。知恵袋流にいうと、日本の家庭を破壊する反日の陰謀ではないか。

1人がナイス!しています

その他の回答(2件)

0

貴方の周りでも結婚している夫婦は貴方のご両親をはじめ何組かいると思いますが、ほとんどの夫婦は婚姻関係を維持してますよね? もちろん、離婚経験者もいます。だけど既婚者の3人に1人が離婚すると言うのは数字のトリックであってそんなわけありません。不自然です。 年間の入籍数が60万組、離婚数が20万組はその通りですね。 だけど、入籍して何十年も婚姻関係を維持している夫婦も沢山います。それこそ何百万組も。その内の20万組が1年間で離婚するわけですから分母数は60万ではなく累積の何百万になります。そうなるとそんなに割合としてはそんなに多くないと思いますよ。 さて、そうとなると、この数字のトリックで貴方のような善意の人間を騙す事によって得する人がいるのではないかと言う疑問が出てきますね。 さて、どんな人なんでしょう。 まずは貴方がよくよく考えてみてください。そして自分なりの答えが見つかったら改めてここに来て、自分の意見を述べつつ他人の意見を聞いてみてはいかがでしょうか?

0

夫婦の愛は本物だと信じてしまってる人がいるんでしょうね。 誰もいないと思います。 カップルが一瞬、幸せなだけですよ。