ID非公開

2020/9/20 20:00

22回答

手話は各国でバラバラというけど、ならばろう者の国際会議があったらどうするの?

手話は各国でバラバラというけど、ならばろう者の国際会議があったらどうするの?

耳の病気 | 日本語12閲覧

ベストアンサー

1

ろう者の国際会議では、「国際手話」という共通の手話があります。 例えば、講演をするろう者が、アメリカ手話で話したとしたら、 それを、国際手話で通訳します。それを見た「ろう通訳者」は、各国の手話で、表現します。 国際会議に出席するろう者は、国際手話と自分の国の手話、両方できる人が多いです。 もし、そこに聴者がいたら、各国の手話を、英語やそれぞれの国の音声言語に翻訳します。 なので、ろう者の国際会議では、たくさんの国際手話通訳者が参加しています。 もし、聴者の日本人がその会議に参加したなら、 アメリカ手話(講演者)→国際手話→日本手話→日本語に通訳するということになります。

1人がナイス!しています

その他の回答(1件)