SAOアリシゼが大好きな皆さんに二つ質問です。

SAOアリシゼが大好きな皆さんに二つ質問です。 1.キリトと菊岡の夢、アンダーワールドとリアルワールドの融合、アンダーワールド人とリアルワールド人の共存がかなったとして、そうした社会のいい部分いわゆる光と欠点、問題点いわゆる闇はどんなだと思いますか? 僕は、光はまさに共存共存。アンダーワールド人は機械の体ではなくリアルワールド人と同じ肉の体になれる。リアルワールド人とアンダーワールド人のハーフが当たり前でごく普通の家庭を築いて、アンダーワールドに生きるかリアルワールドにいきるか自由に選べる。 闇は、pohのようにリアルワールド人、アンダーワールド人関係なく悪意を持って犯罪など行動したりしたりフラグトライトに対して奇異、好奇の目でみたりガブリエルミラーのように誘拐、人身売買したり、コレクションしたり自分の欲の吐き口にしたり、共存が受け入れられず差別があったり、宗教や自分の価値観も相まって「魂は神様がお創りになる物。フラグトライトなんかその冒涜だ」とか言って価値観の押し付けがあったりそういったものがあったりする。 そういった感じになるんじゃないかと思います。 2.また、アンダーワールド人とリアルワールド人の共存がかなった社会でユイちゃんやキリトの意思の後継者の立場はどんなふうだと思いますか? ブラックブラッドブラザーズのコンプロマイザーみたいな二つの関係の調停者か東方プロジェクトの数多ある二次創作の中であるようにあくまで中立で異変解決、妖怪退治するみたいに あくまで中立で事件解決やアンダーワールドとリアルワールドの融合した体制に対する敵対組織の撃破を生業にして体制の維持、保守を目的とするといった感じになるでしょうか? キリトなら人生捧げて共存は必ずやり遂げるだろう。でもその先は?、そうした社会を担うことになった人達はどのような脅威や問題と向き合うことになるのかと本当に気になり、質問してみました。長文失礼します。m(_ _)m

補足

失礼しました。共存共存ではなく共存共栄でしたm(_ _)m

アニメ21閲覧

ベストアンサー

0

その結末の一端、というか可能性が語られたのがアクセルワールドとのクロスオーバー作品 アクセル・ワールドVSソードアート・オンライン 千年の黄昏です この作品ではペルソナ・ヴァベルがユイを消す為、バーストリンカー達をALOに招いたりしています かなりネタバレになるが、大まかに言えばペルソナ・ヴァベルとは未来のユイです。キリトの意思を継ぎAI達の人権を確保する為数百年奮闘し、人間達との共存を成功させるもキリト達がいない悲しみ、死ねない苦しみから過去のユイを消し自分も消えようと行動しました また別の可能性はアクセル・ワールド19巻にて語られていますね 知性間戦争の末、人工知能達の人権どころか存在自体が抹消。世界的に知性を持つAIの開発の禁止などが起きました

丁寧な回答感謝します。しかし、 ペルソナヴァベルのことは動画で見たことあり、アクセルワールドとSAOは別と聞いています。なのでうちが知りたいのはその知性間戦争を経てキリトたち夢が叶ったあとのことの疑問の予想なのですが(・・;)

ThanksImg質問者からのお礼コメント

丁寧な回答感謝します。 やっぱり考察していくしかないですよね。

お礼日時:9/29 16:54