演歌歌手はどうやって生計を立てているのでしょうか。

演歌歌手はどうやって生計を立てているのでしょうか。 コンサートやドサ周りできるくらい顔の知られた人や、過去にヒット曲があればカラオケなどで印税も入ってくるのかもしれませんが。 心配だ。

邦楽40閲覧

ベストアンサー

1

大御所を除いて、演歌のCDの売り上げやダウンロード配信数は知れていると思いますので、やはり地方回りのコンサートやドサ周りで収入を得るしかないと思います。 カラオケで演歌の曲を歌っても、作詞家・作曲家には印税は入りますが、歌っている歌手には1円の印税も入りません。 この、コロナ禍の時代には非常に厳しい収入でしょうね。 私も、心配しています。

1人がナイス!しています

カラオケは歌手には印税入らないの? ひゃ〜!でございますね。 ちょっと前に農協の組合員を大型バス5台分くらいで市民会館に連れて行き、前座が無名演歌歌手。 この方が、歌いながらステージを降りて、握手しながら回るのですが、いつの間にやら、爺さんたちからお股を弄られたり、キスされたりと大変なことになりましてね。 私じゃありませんよ。 泣きながら袖に捌けると、仁支川峰子が登場して、 『私は、どこを触ってもいいのよ〜』 などと、会場を睨み回したら、助平爺も大人しく手拍子を打っていました。 無論わたくしも手拍子を試みましたが、右手と左手が空振りして、交差してしまうのでございました。 辛いわ。

その他の回答(1件)

0

今回のコロナの影響で、他の業界と同じかそれ以上に音楽(演歌)業界は大変でしょうね。(;^_^A 只、元々演歌歌手の1割程度がヒット曲のある名の売れた歌手で~ 残りの9割近くは本業だけでは食べていけない世界でしたし、その人たちは副業やバイトなりしてましたからね。 しかしその副業先も飲食店の経営やお店勤めなどが多かったようですし、無名の歌手がCDを売り歩く店も(いわゆるドサ周り)コロナ直撃の飲食店や施設ですからね。 とりあえず副業の方で今まで以上に凌ぐしかないですね。 で、頑張ってまた良い歌聴かせてほしいですね。 自分の将来と同じくらい演歌業界も心配ですよ。m(_ _"m)