すみません。自分のことでどうしたらいいか分からなくて、皆さんの意見をお聞きしたいです。 高校3年 女子です。

すみません。自分のことでどうしたらいいか分からなくて、皆さんの意見をお聞きしたいです。 高校3年 女子です。 ついさっき、物凄い不安感と消えてしまいたい衝動に駆られました。 その時に書き殴った文章の画像を添付します。言葉遣い、文脈等、おかしな所だらけですが、多分これが私の本音だと思います。 詳しい心情は、画像の文章から読み取って頂きたいです…。すみません。 補足するなら、下の方で伏せて書いてあるのは病名です。現在精神科に通院していて、その病院で診断して頂いた病名が 強迫性障害、社会不安障、鬱病 です。 学校は、週に2.3日、遅刻して行けるかどうか位の頻度でしか行けていません。(行っても、授業は出ずに個室で自習してます。ホームルームは出てます)正直、この頻度でも結構辛いです。ごめんなさい。でも、全く行かなくなってしまったらもう一生行けなくなってしまう気がして…。 今、この質問の文章を打っている時は大分気持ちは落ち着いていると思います。ですが、急に画像の文章のような気持ちが襲ってきます。本当に…、死にたくなってしまいます。 すみません。 質問…というより、皆さんの意見が聞きたいです。ごめんなさい。 よろしくお願いします。

画像

1人が共感しています

ベストアンサー

0

特別かわいそうとは思わない。 ただ「まとも」である事に縛られてるな~って印象ですね。 例えば、「自由である事に縛られていては、本当の自由は手に入らない」みたいなジレンマってあるじゃないですか? 「あえて不自由な選択をする自由もあるはずだ」ってやつです。 あなたの場合は、「あえてまともじゃない選択をする自由もあるはずだ」って感じになるのかな。 深刻そうな病名がついたって、病の名前が変わったところで身に降りかかるつらさは一緒なんだけどね~。 結局、理解されないのは一緒だよ。 健常者同士でも理解し合えないのに、自分の感じたことのない苦しみを背負ってる人を相手に理解なんてできるはずがない。 ただ「そっとしとこう」って腫れ物のようにあつかわれて無視されるだけだよ。認知症とか障碍者とかと同じ扱いだね。 でも言ってる事もわかるんだよね。 人間は、目の前にかわいそうな病人が1人いる時は同情するのに、同じ病気を抱えた人100人が目の前で苦しみだしたら、とらんに無関心になるし、なんなら笑っちゃうよね。 確か芥田川龍之介の作品にそんな台詞があったと思う。 その意味では、世にも珍しい奇病にかかった人の方が心配されるだろうから、言ってることはわかる。 私なんかは、自分の抱える苦しみや事情などに関して他者からの理解を得たいと思う心の動き自体が「恥」だと思っているけれど。 相手に「察してもらう」のではなく、自分から働きかけて「分からせる」って考え方をするから、相手からの理解が得られないのは、すなわち自分の力不足だという認識になっている。 あなたも、こういう考え方で生きた方が楽なのではないかな?と提案しつつ、まあ、思ったことを書いただけだから、何かの参考にでもなれば。

その他の回答(3件)

0

不安になるのは自分の理想と比較して不安になることが根本にあります。 それに強迫性障害という病名を付けただけのこと。 心の使い方の問題で理想を捨てたら治るので病気ではありません。 どうして学校に行かないといけないのだろう。 自分でやりたい事をみつけてそれで生きていけばいいだけのこと。 恋も相手を自分のものにしたいという理想との比較で苦しむんですよ。 理想を捨てたら恋の苦しみはなくなりますが、この場合は病気って言われないだけでみんな精神病なんですよ。 親も含めてみんな社会の常識や理想に縛られて生きています。 それを乗り越えると自立した人間だと言えると思います。

0

刷り込まれた価値観の中で、雁字搦めに自分で自分を縛っているんだなという印象を抱きました。 その価値観から出るというか、その価値観を手放さない限り、しんどいだろうなという風に思いました。学歴がどうのこうの、親戚の人たちがどうのこうの、クラスメイトたちがどうのこうの。。。そういうことは、あなたにとって、どれほど大事なことなのかという風に考えてみたらどうかと。 想像ですが、あなたにそのような価値観を刷り込んだ(植え込んだ)のは、あなたの親ではないのかと。その親に対し赤裸々な自分の心を見せたらいいと思うが、自分で自分の赤裸々な心があるのだと気付かないといけないですもんね。あなたの親たちにしても、あなたが死んでしまうくらいなら、大学なんかいかなくてもいいし、自由に明るく生きてくれたほうがいいと思っていると思いますよ。 将来不安というのも、あなたが抱く刷り込まれた価値観の中での思い込みです。あなたとまったく違う価値観の中で生きている人は、世界各国に大勢います。 そんなことを思いました。