ID非公開

2020/9/22 13:36

55回答

バスの運転席の後ろは何故広告などで仕切られているのですか?

バスの運転席の後ろは何故広告などで仕切られているのですか?

ベストアンサー

0

①夜間、室内灯が、フロントガラスに反射して、前が見にくい。 ②防犯上、運転士に対する 危害防止。 ①は、文面通りの意味です。 ②運転士に、いきなり背後から 攻撃する輩の防衛策です。

その他の回答(4件)

0

アホ席にならないようにです。 昭和初期は仕切りがなかったため、運転手席後部がアホ席でした。 アホ席というのは、運転手の操作を観察するマニアが座る席です。 運転手が運転に専念できないことから、マニアを排除するために仕切りをつけました。 ところが、マニアは左側最前席に座るようになりました。 今では、その席がアホ席です。

0

前に向いて一番目に留まるからです。 広告枠としては最も高値です。 ただ、他の方の回答にあるように新車には安全装置があったりして広告枠がなかったり小さくなったりしています。 また、夜の反射はカーテン等で遮る会社もありますね。

0

昨年辺りから製造・販売されている車両は、緊急停車装置が付いている関係で、運転士の状態を確認できるよう、運転席真後ろのパネルが透明のアクリル板になっていてアクリル板越しに運転士の状況を観察できるようになっており、アクリルパネルの横あたり(運転士の頭ぐらいの高さ)に緊急停車ボタンが付いています。 運行中、運転士の健康状態が悪くなった際に、緊急停車ボタンを乗客が押すと、ハザードランプ等が点灯し周囲に注意を促し、徐々にブレーキが掛かり停止させることが可能なシステムです。 https://www.youtube.com/watch?v=psk7RrMokEc&t=4s

0

夜 フロントガラスが反射して 見えないって聞いた事がありますよ。