楽天証券 米国株 円換算金額 表示 おかしい

楽天証券 米国株 円換算金額 表示 おかしい 楽天証券の米国株の円換算実現損益合計額が下記のように少ない気がするのですが、為替の影響ですか? 実現損益合計 1,047.28 USドル (円換算実現損益合計) 27,093 円

補足

為替の影響なら、円安になるまでドルで保有しておくべきでしょうか?

株式24閲覧

2人が共感しています

ベストアンサー

1

楽天証券で米国株を買うと、みんな同じようになってるみたいです。 https://youtu.be/EEpjVCkcSXQ

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました!!! 今日確認したら表示が戻ってました!!!

お礼日時:9/24 19:58

その他の回答(1件)

0

まず、為替、ずっと円高傾向。 公式為替のスプレッド、常に2円。 ドル表示の方は、(証券会社によるとは思いますが)、ドルで買ったコストに対して現時点での時価で計算したもの。 円表示の方は、現時点で売ったとみなした時の損益(実現損益)。 例えば1ドル106円の時、100ドルの株、100株購入したとしてます。 (ドルでは100ドル) 公式レートは107円(TTB)となりますので、円換算のコスト(手数料は無視しておきます)は107万円です。 その後、為替が104円、株が値上がりしえ110ドルになったとします(ドルでは10X100、千ドルの儲け)。 円換算では、公式レートは103円(TTS)、11000x103=113.3万円 つまり、3.7万円のもうけです。あくまで税法上の計算ですよ。 本当には、いくら儲けたかどうかは、証券会社の為替レートに依存します。

「為替の影響なら、円安になるまでドルで保有しておくべきでしょうか?」 そこが外国株の厭らしさです。 日本株より、いくつかの点でリスクが多い。 基本、短期には適していませんので、長期で考えるべき。 為替が80円になっても、20%程度の話、株が、それ以上に上がれがいいだけです。 個別株特有のリスクを考えると、指数連動ETFを長期分散で買うのが正解でしょうね。