遠投かご投げ釣りで、ハリスがぐちゃぐちゃに絡まってしまいます。 ウキ下の仕掛けは次のとおりです。

遠投かご投げ釣りで、ハリスがぐちゃぐちゃに絡まってしまいます。 ウキ下の仕掛けは次のとおりです。 ウキ | |からまん棒 |(1mあける) ダイワのジェットカゴ遠投SS(天秤用ではないタイプ) クッションゴム(25cm) | |ハリス(2~3ヒロ、ナイロン3号~6号) | 針 ジェットカゴSSには刺し餌を収納できるのでハリスが半分の長さになり投げやすくなる構造です。 しかし収納して投げると、ハリスだけが号数に関係なく、どうやったらこうなるの!?というくらいぐちゃぐちゃに絡まって帰ってきてガッカリすることの方が多く、収納せずに投げると絡まりませんので、しかたなくからまん棒の位置を下げて長いハリスのままで投げています。 収納しますと、ときどきジェットカゴに絡まることもありますが、ウキに絡むことはなく、ほとんどハリスの独り相撲でほどく時間もかかりますので、せっかくのジェットカゴの収納機能を使えないでいる状況です。 天秤用ジェットカゴSSでも収納するとやはり同じ状況で、こちらは天秤にも絡むことが多いです。 カゴ着水時に道糸を手でピッととめてみてもうまくいきません。 何かコツがあるのでしょうか?

釣り72閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

0

カゴを天秤用に変えて、あまり角度のついてない30〜40センチの天秤をつけることをお勧めします。それと私はクッションゴムはつけません。これがあると糸絡みが多くなる気がします。 おそらくですが、ハリスのヨレのせいで投げた時にすでにくるくると道糸やらカゴにハリスが巻きついてるのだと思います。 なのでハリスのヨレをしっかりとっておくこと。 最初はもちろん、3回ほど投げたら1回は手でシゴいたり引っ張ったりしてなるべく糸がヨレてないようにしましょう。 これをきちんとしとくだけで今のセッティングでもだいぶ変わると思います。

その他の回答(3件)

0

クッションゴムを少し太いものにする ハリスは張りの強いフロロカーボンにする シンプルな天秤を使用する この3点でほぼ解決するはずです。 これでも絡むなら着水直前に少しラインの出を抑えてやるとカゴやウキとハリスが緩衝しづらくなります。

0

ハリス絡みて難しいんですよね 絡まる原因にクッションゴムがあります 投げた時に重さが有るので不規則に踊るこれによりハリスが絡む 下についてる天秤も踊るので複雑な絡み方をする場合がある 天秤と同等が長いクッションゴムを使うとひどく絡まる傾向がある 投げ初めに絡まってるように思う クッションゴムもある程度の長さになると激しく踊らなくなるので使うとしたら長めを使うといいかもしれません カゴがぶれないスイング

0

絡むときは絡むことを前提とはしていますが、仕掛けの接続に使うヨリモドシにも重さがあることを考慮しています。強度を求めると大きくて重たくなる部品の1つなのですが、これが仕掛けの回転の原因となることもありますし、水中で邪魔な動きを演出することがあります。 逆に、シンプルな仕掛けだとハリスを長く取ろうが絡まなかった事と、ヘラブナ釣りのような2本鈎でのハリス絡みの防止策から気づいたことなのですが、サルカンにも重さがあると忘れがちな事であったりしたので、ヒントに成れば?と回答させて頂きました。 ヨリを取る道具にようで、ヨリを入れてしまう。自分は、もっと早く気づけば良かったと思ったものですが、それだけが正解とも言えません。 また運動の中心軸よりも物体を離すとすれば、そのエネルギーも距離によって変わるので、天秤などの角度や長さも影響があると思いますがね。それでも自分としては、角度の開きがないカゴの長さと同じ天秤を使ったり、色々と仕掛けを弄ったりもしてはいますが、チョッとミスをすると絡むのは仕方が無いと思っています。 しかし、簡単な仕掛けほど絡まないので、ゴチャゴチャ付けないほうが良い場合もあるとは思いますからね。