ID非公開

2020/9/23 17:00

33回答

論文執筆についての質問です。

論文執筆についての質問です。 引用するときは、記事名に「」をつけるんでしたよね。 「」が入った記事を引用すると、『』になるのも知っています。 では、『』が入った記事名を引用する場合、どのように表せば良いですか?

大学 | 日本語18閲覧

ベストアンサー

0

私は,論文で引用する場合には原文通りにする,という原則のみを尊重します。 文系の論文では『』は書籍名,「」を論文名を表すのに使います。 また「」は,語や概念を強調する時にも用います。 それで,「」が入った記事を引用する場合にも「」のままにします。 それに,「『』が入った記事名を引用する場合」を考えなくてはならなくなります。 書籍名の例です 例1 岩崎夏海『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』ダイヤモンド社,272ページ,2009/12/4 例2 川田稔『柳田国男―「固有信仰」の世界』未来社,330ページ,1992/5/1 また概念を強調した記述の例です。 この「」を『』に書き換えたら,ひどく見にくくなるでしょう。 例3 幕末の改革・革命期のスローガンであった「富国強兵」と「公議輿論」を,いま仮に前者を「富国」と「強兵」に,後者を「公議」と「輿論」に分けてみれば,近代工場の視察に精力を傾けた大久保は「富国」を,「独裁の憲法」の結論に到達した木戸は「公論」を,一年余にわたる欧米視察から持ち帰ったと言えよう。 板野潤治『日本近代史』p.120

その他の回答(2件)

0

>引用するときは、記事名に「」をつけるんでしたよね。 ➡「記事名」という表現がわからないのですが。「引用した箇所、文章」の意味でしょうか? 引用の場合、引用した箇所を「」で囲みます。 (引用した著書、文献を参考文献として掲載する場合は、書名、文献名は『』でくくります) >「」が入った記事を引用すると、『』になるのも知っています。 ➡そのとおりです。 引用した文の中に「」で囲んでいる部分は、「」を『』の置き換えます。 >では、『』が入った記事名を引用する場合、どのように表せば良いですか? ➡そういう場合はふつうは考えられませんが、もし出てきたら、 下記の「準則」の3に書かれているように、“”を使いましょう。“”は、「ノノカギ」と呼ばれます。 「『“”』」 昭和21.3、当時の文部省教科書局調査課国語調査室によって作成発表された「くぎり符号の使ひ方〔句読法〕(案)」があります。現在でも、公用文、学校教育その他で参考にされる場合が多い資料です。 ..この案は、「明治39年2月文部省大臣官房調査課草案の句読法(案)を骨子とし、これを拡充してあらたに現代口語文に適する大体の基準を定めたもの」です。 「..」『..』の使い方については、この資料の下記の内容でいいのではないかと思います。 ..下記に該当箇所を抜粋します。 〔呼び名〕.......〔符号〕 ...カギ...........「..」 ...フタヘカギ.....『..』 〔準則〕 1.カギは対話・引用語・題目、その他、特に他の文と分けたいと思ふ語句に用ひる(例①②③④)。 ...これにフタヘカギを用ひることもある。 2.カギの中にさらにカギを用ひたい場合は、フタヘカギを用ひいる(例⑤)。 3.カギの代りに".."を用ひることがある(例⑥)。 ...".."をノノカギと呼ぶ。 〔用例〕 ①「お早う。」 ②.俳句で「雲の峰」といふのも、この入道雲です。 ③.国歌「君が代」 ④.この類の語には「牛耳る」「テクる」「サボる」などがある。 ⑤「さっきお出かけの途中、『なにかめづらしい本はないか。』とお立寄りくださいました。」 ⑥.これが雑誌"日本"の生命である。 ...全文は、文化庁の下記のページをご覧ください。(PDF形式56KB) http://www.bunka.go.jp/kokugo_nihongo/joho/kijun/sanko/pdf/kugiri.pdf ■また、三省堂『新しい国語表記ハンドブック』は、上記をわかりやすくまとめたものであるとして、下記のように記載していますので、ご参考まで。 「」は、会話または語句を引用するとき、あるいは特に注意を喚起する語句をさしはさむ場合に用いる。 〔例〕 イ..「どうぞこちらえ、わたくしがご案内いたします。」と主人がさきに立って歩きだした。 ロ..「国民の権利および義務」に規定された内容について…… ハ..「現代かなづかい」には、次のような「まえがき」がついている。 『』は、「」の中にさらに語句を引用する場合に用いる。 〔例〕 「Aさんの本の中に、『人間は環境の中に生きている』ということが書いてあります。」と先生は静かに語り始めた。

0

反対に「『』」でもいいですね。何故かというと引用と示すために括弧を使うといういみで通常の「」で、『』を実文として扱うという意思表示になりますね。あとダブルクォーテーション"『』"も良く使われますね。