回答受付が終了しました

大学生21歳女です。 ヨーロッパ圏、特にフランス、ドイツでの芸術系の大学院への進学を考えています。奨学金もなるべく利用したいです。

大学生21歳女です。 ヨーロッパ圏、特にフランス、ドイツでの芸術系の大学院への進学を考えています。奨学金もなるべく利用したいです。 大学ではフランス語と英語を専攻しているのですが、今は現地でつかえるレベルではないです…。スコアをとるべく勉強中です。 そこで質問なんですが、大学院にいくまでの流れが全くわかりません。まずなにをしたらいいのでしょうか。 今のところ分っているのはヨーロッパ圏は学費が安いということ、試験ではポートフォリオが大切なのである程度入学前から活動をしていくことが大切というぐらいです。 いま留学のエージェントに相談しているところなのですが、まず普通はエージェントを頼るべきなのか、そこからわかりません。皆さんはどうやって行ったのかも気になります。 今自営をしており月20〜30万の貯金が可能ですので、もし奨学金がとれずとも行くまでに十分な費用は貯められます。 今4回生で半年ほど卒業が遅れてしまい21年の9月に卒業予定です。21年9月以降〜22年中に進学したいと考えています。 海外の大学院に進学した方、教授、芸術分野の海外の大学院に進学した方、本当になにもわかっていない状態で申し訳ないですが教えていただけると幸いです。

大学院 | 留学、ホームステイ44閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

回答(5件)

0

こんにちは。最近ドイツの理系大学院を卒業した者です。ゆえにドイツの大学院に限ってお話します。 修士課程出願に関してはほとんどの大学院はuni-assist というサイトを使って出願します。向こうの教授とコネがあれば入学はトントン拍子で進みますが殆どの修士課程の学生はuni-assist または大学院ごとのHPからの出願です。記憶が定かではないですが必要書類等もuni-assistから見れたはずです。 学費に関しては殆どの国立大学は無料ですが、最近留学生からは学費を取る大学院が増えているので自分でHPを確認して下さい。また、無料と言ってもセメスター費用で半年に一回300ユーロほど取られます。 当方はDAADというドイツの奨学団体から奨学金給付を受けておりました。保険料や生活費(月12万円ほど)の給付等、かなり手厚い奨学団体です。入学時から給付を受けるにはその1年ほど前に申し込む必要があります。 がんばってください。

0

アメリカの大学を卒業後にドイツとイギリスの大学院を卒業しました。 理系です。 基本的に大学院に試験はありませんよ。 受け入れ側の大学院(スクール、研究室…)の審査のことでしょう。 出す側の教授が受け入れ側の教授へ推薦するのですよ。 で、受け入れ側の教授がOKであればすんなり決まります。 ですから両者の蜜な関係性がポイントですね。 私の場合は担当教授が毎年3人ぐらいドイツに送ってましたから電話1本で決まりました。 必要書類は後で送付。 両者の関係が無く、また大学院へ送り出した実績が無い場合は大変です。 推薦状だけでは信頼と能力が判りませんから、申請書、推薦書、ポートフォリオ、語学スコア証明書、成績証明書、資金残高証明書等が必要で書類審査になります。 多分、語学スコアが難関でしょうね。 ドイツはドイツ語ですしフランスはフランス語講義ですから。 ご希望の大学院に実績、コネがあるかどうか、現在通っている大学の教授に聞くのが一番です。 大学院はコネクションですから。 で、費用が安いとの誤解がありますが安くありませんよ。 学費が無料のところもありますが、教科書・参考書、宿題・研究のための調査費、小旅行、パーティ等で年間150万円以上は確実にかかります。 私は受け入れ側のスクールがfreeでしたから大学院の奨学金制度については知りません。

そうなのですか? 今通っている大学といきたい大学院のつながりは全くなさそうで不安です。とりあえず聞いてみますね。 費用について、学費は奨学金、家賃手当をもらえたり、援助をうまくうけると年間で学費やらを五万ほどで抑えられると欧州の芸術系の大学院に通ってる方がおっしゃってました!学部や留学地域にもよるのでしょうね。 生活費やもろもろの雑費のことを考える とおっしゃる通りだと思います。 あくまで学費は、という話だったので…ありがとうございます!参考になりました!

0

芸術系って具体的には何ですかね?以下は私の知人の音楽系学生の場合です。 日本の大学在学中に指導を受けている先生に相談し、2人の海外指導者候補の紹介を得て、一時渡航しレッスンを受講。その後絞った指導者の居る大学を受験、の流れでした。要するにに人伝てです。留学エージェントは使っていません。受験等の長期滞在で日仏文化協会の世話になった事は有りますがあくまでホームステイ先の紹介程度。 こういう事はおそらく正解の手順というものが無く、いろんな手順があるはずです。学校の周りの知人にいろいろ聞いて回るのが宜しいかと思います。

インダストリアルデザインで検討してます…。 正解がない。 なるほど、納得です。そうですよね、いろんな人にきいて頼ってみます。ありがとうございます!

0

まずは大学を通じて留学可能な大学の選択。 可能であり、自分が行きたいと思う大学が見つかったら 留学に必要なモノ、 資金 学力→テストなどが必要かどうか。 などをネットで検索してリサーチ。 で、留学となる。 息子の友人たちはそれで、親の資金だけ協力してもらい、 後は自力でリサーチしてさっさと海外留学していった。 要は「やる気と行動力」が全て。 本当の本気で本心から留学したいと思うのならば、 強く願うのならばリサーチも出来るはず。 途中で挫折も仕方ない場合もある。 でもやれるだけやれば納得の後退も出来るだろうと。

3

ご自分の行きたい大学に直接連絡して聞いてみるのがよろしいでしょう。 学校ごとに基準が違うと思います。 自分でそれが出来なければ留学は諦めましょう。

3人がナイス!しています