積立ニーサについてです。非課税での運用は2042まで延長になるようですが、20年分しか非課税で扱うことはできないのですよね。

積立ニーサについてです。非課税での運用は2042まで延長になるようですが、20年分しか非課税で扱うことはできないのですよね。 今すぐ始めた方が良いのかと思いましたが、始めてから2042年までに20年間運用できれば非課税という旨みを逃すことはないという解釈で良いでしょうか? 早くやるべきなら10月からと思いましたが、次の一月からでいいのかなと考えております。

ベストアンサー

0

非常にややこしいのですが、 > 非課税での運用は2042年まで延長 は認識が間違ってます、 もともとの制度では、 2018年から2037年までの"20年"、 毎年40万づつ非課税枠に投資が可能です。 それぞれの年に投資した金融商品は、 "20年間"非課税運用が可能です。 ということで、制度の上で、20年が2種類あります。 今回延長されたのは、投資可能な年数が、5年延長されて 2018年から2042年となり、トータル"25年"となりましが、 それぞれの年に投資した金融商品の非課税期間は"20年間"で 変わりはありません。 具体的に言うと、 今年(2020年)に投資した金融商品は、2039年まで非課税運用できます。 来年(2021年)に投資した金融商品は、2040年まで非課税運用できます。 2037年に投資した金融商品は、2056年まで非課税運用できます。 2042年に投資した金融商品は、2061年まで非課税運用できます。 現状、投資可能な年は、2042年までと有限であるため、 投資開始が遅れるほど、利用可能な非課税枠を使い漏らすことになります。 つみたてNISAで推進する投資を理解し、実行したいと考えており、その投資をする余剰金がある(捻出できる)のであれば、なるべく早く開始する方が、非課税枠を漏らすことなく使い切ることが出来ます。

ということはMAX25年間、毎年40万円まで合計1000万円積立可能であり、それぞれの投資した年から20年間は非課税で運用できるということになるのでしょうか?

ThanksImg質問者からのお礼コメント

理解しました!ありがとうございました!

お礼日時:9/24 17:30