回答受付が終了しました

注文住宅で一級建築士が設計してくれるのは普通ですか?

注文住宅で一級建築士が設計してくれるのは普通ですか? 何社か設計プランを書いてもらいましたが、殆どの会社は営業がプランを提示しますが、先日行った会社は一級建築士が同席してプランを説明してくれました。 間取りの希望を伝えると出来る事出来ない事、希望を叶える際のデメリット等を分かりやすく説明してくれたので、とても信頼できました。 ただ、その会社の営業は頼りなく不安があります。

注文住宅58閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

回答(8件)

1

建築士の資格を持っているからと言っていいプランを作れるわけではありません。 建物の知識は豊富でも家事などをしない設計士の作るプランは非常に家事がやりづらかったりします。 この辺は建築士試験の内容を見ればすぐに理解できると思います。 ベストなのは建築士の資格を持ち、十分な実務経験もあり、プランニングに長けた人に設計してもらうのが一番いいですが、そんな人はほぼいません。 ではどうすればいいか? あなたの要望する生活をしやすいプランをしてくれる人を探す。 資格に拘らずに親身になってあなたの要望を叶えようとしてくれる人が一番いいと思います。 日本人はなんでも資格や権威に弱いですが、資格なんて「これをやってもいいですよ」という許可でしかないのでそこよりも実際の提案力のある人のプランの方が断然いい家になります。 もちろん、構造計算などは資格のある人、もしくは資格のある人がいるところがやらないとダメですが。

1人がナイス!しています

0

私は15~16社検討したが、一級建築士が同席したのは1社のみ、他は建築士の資格を持っていない営業担当か、二級建築士の資格を持った営業担当です。 あくまで名刺に記載された内容ではあるが、実務を担当している設計担当は設計補助(実務作業)をしているだけで、設計責任は『建築士』となります。 最終的に絞り込んで競合させた5社は、建築士の同席を求めました。 そして、契約前の提案説明には建築士が同席して重要事項の説明は義務付けられています。 なお、営業は契約まで、契約後は建築士との打ち合わせ、そして着工すれば監督・棟梁との打ち合わせです。 優秀な建築士と信頼のおける監督、真面目な棟梁がいれば良い家が建てられます。

0

設計は一級建築士又は二級建築士、木造建築士などが行いますので、必ずしも一級建築士が設計するとは限りません。 契約前の料金が掛からない、営業経費で動いている間は、プランです。 契約時、作られる建築士図面は設計図です。 多くの住宅メーカーは工業化住宅という商品を販売しますので、規格商品を販売すると言う意識が強く、契約するまで建築士は登場しません。 但し、請負契約の前に設計監理業務委託契約を結んだ場合は、建築士が業務として対応します。 契約前で建築士が業務として設計図を書く事は、無償であっても建築士業務が発生して居る事になります。 成功報酬で有るとは思いますが、契約後、万一解約をした場合は、現時点まで建築士の実労務賃金が計算されて請求されます。 信頼感は高くて当然です。 営業マンが頼りないので、建築士がリードしている事と存じますが、建築の事を知らない御用聞き専門の営業マンかもしれません。

0

一級建築士の方が話は早いですよね。営業なら1週間後になる返答も即答できます。 ただ、設計部署はここぞというタイミング(最初か最後か?)に来るのが仕事でしょうから、今後完成まで逐一見てくれるかは分かりません。 営業さんが頼りないのも、新人で心配だから育成もかねて建築士が同行したのでしょう。 ところで三井ホームのように契約後の詳細設計には専属建築士が付く会社もあれば、設計事務所兼工務店で事務所内に建築士しかいない会社もあります。 選択肢はまだまだ広いですよ。

0

・何処の建築会社でも建築士が設計するのが一般的ですが、契約前の初期折衝段階で建築士が説明する事は稀だと思います。営業がプラン提示しても、作図・法チェックは必ず建築士が行っています。