私は祖母が作った料理がたとえ美味しくなくても美味しいと言って食べるのですが、私が作った料理を必ず、まぁ、食べれないことない。

私は祖母が作った料理がたとえ美味しくなくても美味しいと言って食べるのですが、私が作った料理を必ず、まぁ、食べれないことない。 不味くはないと思う。この間は、バターを使った料理に対して私バター好きじゃないんだよね。と言ってきました。こういう言い方って悪気無いつもりなのでしょうか?

ベストアンサー

1

悪気は無いんでしょう。 お祖母さんは『正直に言う派』。 貴女もお祖父母さんには、正直に感想を言えば良いと思うんですよ。 私は、相手によって付き合い方を変えます。 『正直派(ズケズケ派)』には正直にズケズケと、『気配り派』には言葉を選んで気配りを。 そうすれば、 「どうして私ばっかり我慢しなきゃいけないの?」 という不満が溜まりにくいです。

1人がナイス!しています

その他の回答(3件)

1

今度言われたら… 「ごめんね〜。でも正直に言ってくれてありがとう。私もこれからは、おばあちゃんの料理の時はおばあちゃん見習って正直に感想言うね」 …と言ってみてはいかがでしょうか?

1人がナイス!しています

1

違います 家族だから気兼ねなく言うのでしょう。 貴女も不満が在るなら言うべき 塩が足りない!味が濃い、バターは合わない等、評価する人が居なけれ上達はしません。 指摘されて気付くのですから。

1人がナイス!しています

1

マウント?師匠ヅラしたいのかな? 悪気はないと思うよ。 「孫よ、私のように料理上手になるんじゃぞ」 って感じじゃないかな? 今度は不味いときは素直に 「不味い」って言ってやれば? 「私もそう風に言われて、 そんな気持ちになったんだからね」 って。

1人がナイス!しています