練習場では殆どそういった事ないのですが 本番ラウンドではウェッジを持つと高確率で狙ったよりも左に

練習場では殆どそういった事ないのですが 本番ラウンドではウェッジを持つと高確率で狙ったよりも左に 飛んでしまいます(フルもハーフショットでも) ”引っ掛け”ほど酷くはなく、取り敢えずグリーンには乗るのですが 距離はあってるのに左に5メーター、、って感じがとても多いです 最初に書いたように練習場ではそんな事ないのに 本番で出るのはメンタル的な事でしょうか? なにか技術的な事があればアドバイスお願いします、、

ゴルフ105閲覧

ベストアンサー

0

スイングが見れないので確実にこうとは言えませんが、恐らくコースに出るとスイングのテンポが早くなり、フリップ(手首を使ってクラブを返す)してしまっているのだと思います。 ダブったりもしていませんか? 1度コースで手首を固定する意識でアプローチしてみてください。だいぶ良くなるかと...

ThanksImg質問者からのお礼コメント

どなたのご意見も参考になるものでした 練習場と本番では、ピンに対しての意識が違っていて いわゆる1mのパターでの引っ掛け現象と同じものが 出ているのかもしれませんね、、

お礼日時:9/28 20:05

その他の回答(12件)

0

練習場は打席が平らなので目標に向かってアドレスし易いのですが、コースに出るとティーイングエリアでも少しどちらかに傾いています。 しかし頭だけはピン又は打ちたい場所を見ているのでその差だと思います。 打つ前にフィニッシュの形を取ってみれば意外とわかります。 打ち終わったら左の方を向いてませんか?

0

クラブ調整が必要な状況ですね。あなたのスタイルと打ちたい打球に、道具が合致して居ない、バンス、ライ、含め、調整できる人に見てもらいましょう。 100Y以内は、練習場の人口マット上で起こることで上手くできていると思うのは間違い。草の上で練習する必要あり。

1

ウエッジで左に飛ぶのは、その大部分はボールのセット位置の原因があります。 左に引っ掛け気味に出る人は、ボールの位置が中にはいりすぎている人に多い、練習場で真っすぐ打てるのは、マットでクラブが滑ることでインパクトゾーンが長くなる、要は捕まった打球になっているから。ボールを左側においてもなお左に飛び出るという人は少ないよ。

1人がナイス!しています