ニーチェの「この人を見よ」の中で、彼の妹と母についてあまりよく描かれていない印象を受けたのですが、なにか原因があるのですか?

ニーチェの「この人を見よ」の中で、彼の妹と母についてあまりよく描かれていない印象を受けたのですが、なにか原因があるのですか?

哲学、倫理 | 文学、古典16閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

母親も妹もニーチェに異常に執着して彼を困らせました。 母親はニーチェを立派な牧師にしたがり、キリスト教を僧侶の怨念と断じ目覚めたニーチェは母親を失望させるという苦痛を味あわされています。妹が兄に抱いた敬愛はもっと悲惨で、ニーチェが恋をした女性ルー・ザロメに激しく嫉妬して、彼とルー・ザロメの仲を引き裂くために偽の手紙を書いたりルー・ザロメをロシアに強制送還させようと画策するなどして、友情関係をも壊すことにうまうまと成功しています。その他にもいろいろとあったようです。 画像は、美しく誰からも愛された才女ルー・ザロメと、彼女の馬となり鞭打たれるというおふざけ写真を撮って遊ぶニーチェとパウル・レー。

画像

その他の回答(1件)