創世記の宇宙誕生は、物理法則や化学反応を無視しているのですか、物理法則や化学反応の時間を短縮して一瞬でなされたことですか?

創世記の宇宙誕生は、物理法則や化学反応を無視しているのですか、物理法則や化学反応の時間を短縮して一瞬でなされたことですか? つまり、創造主は時間を無視できる(一瞬で実現の)存在です。

ベストアンサー

0

人の体温を考察するに、穏やかにエネルギーを燃焼し一定としているような。 これは、電子レンジチーンやボォーと一気に光熱暖房というものでもないような。 おだやかなるものも、瞬時なものも、四方八方計算した、そんなところが予想できるような。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

回答ありがとうございます 創造主の時限爆弾説(ビッグバン)・・・

お礼日時:10/1 23:26

その他の回答(6件)

0

神は宇宙の法則を作り、時間を作り、無から有を作ったりと、何でもできる方です。神とその力を「人間の理解」で受け止めようとしても無理、できません。 だから信仰の対象として受け止めるべきものです。神と比較できるものはありません。

1

似た様な事を… でも「>創造主は時間を無視できる…」は間違い無いです。 神様は、「時間」に縛られませんから… 時間的経過は、人が理解する為のものです。起源は、人に「死」と言う限界が出来てからだと言われます。

1人がナイス!しています

0

宇宙ができた時、 物理法則が働くようになりました。 当然化学変化も。 宇宙が存在するようになる前には 物理法則はありませんでした。

0

創世記の創造物語は、二千数百年前の、 ある一群の人々の考えを伝えているにすぎません。 昔の人々の考え方が、現代の人たちの考え方と違っていても、 どこもオカシクはありません。 むしろ、その方が当然でしょう。 奇妙なのは、むしろ、 その昔の人々の言い伝えを絶対化して 現代科学を否定したり、 現代科学に合わせて 昔の人々の言い伝えをねじ曲げたりする ことにあると思います。 そして、このような無理が生じるのは、 聖書というものを特別視・神聖視しているからです。 罪つくりの原因は 聖書を神聖視することにあるでしょう。 各時代の科学の主張や自分の好みにあわせて、 聖書をゴムひものように勝手な方向に拡大解釈することは、 知的に不正直な態度だと思われるからです。 二千数百年前の人々が 現代科学を知っていたわけではないのですから、 聖書の創世記の創造物語を、 現代の科学に合わせるように解釈し直すような作業は、 「真実を知りたい」という 素朴な知的欲求から生まれたものではなく、 知的良心に背くものだと思います。