私の勤務している店(会社)は電気代にシビアなのですが、夏でもエアコンつけなかったりと基本室温が30度以上、

私の勤務している店(会社)は電気代にシビアなのですが、夏でもエアコンつけなかったりと基本室温が30度以上、 事務所なんて40度を超える日がめずらしくないくらいなのですが、 もともと身体が弱く暑さにもよわい私がその温度で耐えられる訳もなく、熱中症や暑さによる体調不良などで早退や欠勤を3ヶ月程連続でしてしまっている現状です。 これについて、店長から体が弱いかもしれないけど強くする努力をしろ、休んでいる人がいるのをよく思わない人もいる、環境は問題ないんだから、次したらクビと叱られました。 熱中症で1度救急車で運ばれたこともありましたが、その時も自己責任、環境は問題ないんだからと労災も降りませんでした。 法律でエアコンがついている室内の温度基準なども決められている中そういう風に言われました。 たしかに体調を崩したりして休みすぎているのが悪いのですが、そもそもこの環境が悪いのではないのでしょうか? 私が間違っているのでしょうか?

労働問題3閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">250

ベストアンサー

0

労働安全衛生法では空調設備のある室内温度は 17℃~28℃と定められていますが努力義務です。 ただ、質問文を拝見すると会社は努力しているとは言えませんね。 あなたは間違っていません。