回答受付が終了しました

大学や大学院(通信制を含む)はフルタイム勤務で働きながら通うことは難しいでしょうか?

大学や大学院(通信制を含む)はフルタイム勤務で働きながら通うことは難しいでしょうか?

回答(9件)

0

難しいですが、不可能ではありません。私は大学は普通に卒業し、いったん教員として働いた後に、修士は非常勤として働きながら、そして博士はほとんどフルタイムに近い勤務形態で働きながら修了し、現在は大学の教員をしています。 学部に通うのであれば、夜間部じゃないと厳しいでしょうね。5年かかるかもしれませんが、可能は可能です。また通信制は学費も安く、敷居は低いです。 大学院は毎日授業があるわけではありませんので、勤務時間に融通のきく職場だったら仕事をしながら通うのは可能です。また社会人大学院なら、そもそも講義は夜間や週末のことも多いです。 最近では通信制大学院も増えてきました。私は通信制で学んだことはありませんが、知り合いの先生方の中には、国内外の大学の通信制大学院で博士を取った方が何人かいます。 仕事をしながら卒業を目指すのは、時間的、経済的、そして精神的にもなかなか大変ですが、心身が健康ならなんとかなるんじゃないでしょうか。あとはあなたの覚悟と努力でしょうね。

0

オヤジですけどフルタイムの仕事がどの程度忙しいかによるね。残業月100時間とかなら無理だろ。で夕方5時とか6時とかに終わると仮定すれば、そして土日も休めるとすれば大学も大学院も可能。ここでの話は日本でいういわゆる文系に限定する。 先ず大学通信。アホな奴は慶應とか卒業できないところにわざわざ行くが意味が分からん。卒業できるところに行くこと。福祉系とか。スクールリングもオンラインでOKだったりする。 大学通学。これも勤め先の近くで夜を中心に単位を取れるなら可能だろう。ちなみに日本の大学ほど単位を簡単に取れる国は珍しい。 そして大学院修士。これは楽勝。通信はもちろん通学も通い易い工夫がされている。夜間社会人大学院とか。しか~~し、レベルが絶望的に低下している。世間では学歴ロンダリングに使われるような有名校でもレベルが急速に低下。ほとんどのところが、それなりの学力があって、金を払えば入ることが可能。入ったら適当にやっていれば卒業可能。だって日本の修士なんて、海外で1年でおえるようなことを2年もかけるんだぜ。 ということで9時-5時の仕事で土日休みであんまり付き合い無いなら余裕で大学も大学院修士も可能。まあ平日2-3時間、週末10時間程度、時間を割けば問題ないんじゃないか?そんなの余裕だろ。

0

独身で週2日間きっちり自分のために時間を使えるなら可能だと思いますが、フルタイムは精神的にも時間的にも大変です。 わたしは去年3年次編入で保育系大学の通信学部に入りました。仕事上の都合で4ー7月はフルタイムで働いてましたが、幼児がいるのもあって全然勉強できませんでした。日中仕事、帰宅して家事育児、土日も家事育児。子供から目が離せない時間が多いので、土曜日の夜中くらいしか勉強できませんでした。8月以降は週4日のパートに変えたので平日2日間勉強できるようになり、なんとか卒業なとこまで来ました。 同時期に入った人たちで、独身、子供なし、フルタイムの方は、頑張り次第でなんとか勉強できるようでしたが、それでもかなりきつそう。。フルタイムだった人の多くは4年に入って勤務時間を減らしてました。 順調に勉強が進んでる人は、入学当初に学生に専念してスタートダッシュをかけ、ある程度単位が取れてから週3程度働くスタイルの人が多いです。

0

すべて通学制の場合 例えば、 築地魚市場で働き、昼12時に終わるとか、 居酒屋チェーンで働き、夕方4時から仕事とか タクシー会社で、8時ー翌朝5時で1日おきに休みとか このような人なら大学は可能かと思います。 文系の大学院であれば、 週2日、平日が休めれば、もしくは最低でも 午後2日休めるとかがあれば十分可能です。 夜間のほかに、昼夜開講制の大学院もあります。 また長期履修制度がある大学院もあります。 通信制であれば十分可能です。