インフルエンザの予防接種、いつ受けるのがベストですか? 出産予定1月末で、11月頭には自身の結婚式もあります。

インフルエンザの予防接種、いつ受けるのがベストですか? 出産予定1月末で、11月頭には自身の結婚式もあります。 赤ちゃんにも抗体が引き継がれるみたいで、親子ともに今年の冬を乗り切るにはいつ頃がベストタイミングでしょうか??

ベストアンサー

0

よくご存じですね。 妊娠中にインフルエンザの予防接種をしていると、生後6ケ月までの乳児のインフルエンザ入院を減少させます。 生後6ケ月までの乳児はインフルエンザワクチンが接種できないので、妊娠中に母体に接種しておくことは、母体と胎児を守ることになります。 接種時期は、いつでもいいのです。産科医によっては、妊娠初期の接種を敬遠する場合もあります。 1月出産予定なら、問題なくいつでも接種できます。 10月26日以降、体調のよいときに早めに接種しておくと良いです。

画像

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございます(^^)

お礼日時:9/27 0:50

その他の回答(2件)

0

[インフルエンザワクチンの確認されている副作用] ・妊婦の炎症の増加を引き起こす(医学誌ワクチンに掲載された論文) ・新生児に、体内の炎症と組織の破壊を招く(医学誌 Paediatrics に掲載された論文) ・幼児の16%が予防接種から48時間以内に心肺の事象(医学誌 Paediatrics に掲載された論文) ・心臓発作のような深刻な心臓関連事象のリスクの増加を示す炎症性心血管変化をもたらす(医学誌インターナショナル・ジャーナル・オブ・メディシンに掲載された論文) ・免疫抑制作用を介してウイルス感染に対する耐性を低下させる(アメリカ国立医学ライブラリーに掲載された論文) インフルエンザワクチンに効果が無い事は、コクランがレビューで明らかにしている。実際、ワクチンにどれだけの効果が有るのかちゃんと調べ、ワクチンが引き起こしている害作用も調べてから接種を検討なさい。妊娠時で無ければ只の馬鹿だが、妊婦がワクチンを受けるなんてのはクレイジーとしか言いようが無いよ。 https://www.mhlw.go.jp/content/10906000/000649434.pdf

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

投稿内容に関する注意
0

ワクチンに効果がなく有害無益なので 受けないのがベストです。 インフルエンザでの 妊婦の入院率は10万人に3人です。 入院率0.0003% 10万人中、3人しか入院しないような ウイルス疾患にワクチンなど必要ありません。 そもそも インフルエンザは寝て治すものです。 また、タミフルによる先天性異常の割合は90人に1人です ワクチン接種の危険性とインフルエンザの誇大宣伝の実態 大阪赤十字病院小児科医 山本英彦氏 元国立公衆衛生院 疫学部 感染症室長 母里啓子氏 https://www.youtube.com/watch?v=vP2Jv83WX-w ワクチンがあぶない! https://www.youtube.com/watch?v=rxMO7U5YDl8 すべてのワクチンは一切効果が無く有害! 内海聡医師 https://www.youtube.com/watch?v=uvmD1l97PI0 インフルエンザワクチンの嘘 大沼四廊 先生 https://www.youtube.com/watch?v=oq-ZLRKz81c ワクチンの罠から子どもを救え!船瀬俊介氏 https://www.youtube.com/watch?v=2DSQftXUggw